箕輪初心:生方▲伊香保№17≪建部涼袋:延享2年1745≫『伊香保山日記』

建部綾足(涼袋)は延享2年1745に『伊香保日記』を著した。
江戸時代中期の俳人・小説家・国学者・絵師である。
俳号は「涼袋」・書号「寒葉齋」などがある。 『伊香保誌』
より引用した。
画像




【1】延享2年(1745):『伊香保山日記』
延享元年(1744)26歳
4月、建部涼袋は伊香保・榛名山を訪れた。
画像



●延享2年(1745)27歳
 ・正月吉日刊『伊香保山日記』を著した。

「梢涼しく藤おぼつかなき秩父山の春と背中合はせに、伊香保の
浴ミおもひ立ながらまづ東武におもむくことありて、

「行春や 松の青ミハ 手もつかず 」

「う月
  葛鼠法師 伊香保の湯を送りて
「脱捨ての 浴衣にも見る 牡丹かな 」  宗瑞
 
「釣つて待つ 野は何処へぞ 草の蚊屋」 至芳
・・・(以下略4人略)

鴻巣にて
 彼の地は風雨寒温気候こと/\くひとしからざれバ
こゝろせよ・・・

倉賀野

・・・(以下略)
(★『伊香保誌』)

「唇で 冊子かへすや ふゆごもり 」


 
「ひと日榛名山に詣ス。道すがら五月雨のあやめと読る沼を見る。
 風景いとよし。小富士と云やまあり。」

『時しらぬ 山かと涼し とまり鷺 』    
                      



【2】建部綾足(たけべ あやたり)の略年表
享保4年(1719)~ 安永3年(1774)3月18日(4月28日)
1)建部綾足の家系
・建部の家系は藤原秀高の後胤、從五位河村山城權守を祖とする
 近江国北村氏の流れを引 いている。
・慶長5年(1600) 関ヶ原の戦い
  北村平右衛門が近江国に於いて津軽為信に謁し五百石を賜った。
・慶長17年(1612)津軽の地に召された。
・????年 祖父:北村源八は津軽監物政広の家老職に就き、津
  軽信政の養女:山鹿素行の次女:鶴女を娶り、北村を喜多村に
  改姓した。
・????年 父:喜多村政方も家老職に就いた。

・享保4年(1719) 1歳 陸奥国弘前藩家老:喜多村政方と玉江
 (大道寺友山の娘)との次男として、江戸に生まれた。
  幼名は金吾である。
  建部綾足は弘前で育った。

  
・享保14年(1729)11歳、父:喜多村政方が没した。
  少年期は文武に励み、槍術に優れた。
元服名は久域(ひさむら)であった。

・享保15(1730) 12歳
兄:久通が森岡内藏介の姪: を娶る。

・享保18年(1733)15歳
   荷田春満に入門した 。

・元文3年(1738)20歳
  兄:久通の嫁:そねそねとの情事
 =不義密通のため、弘前の家から追われた。
  秋田から北陸道に向かう。
○紀行文「笈の若葉」を著す。
  最初の句「ふき残る 寒さとらへて ちどり哉」
     (紀行笈 の若葉)
に残るである。
  
・元文五年(1740) 22歳
 ○「三日の庵」(野坂追悼)に入集。
 ○ 「紀行痩法師」

○出家、 二月末夏 は青梅 の某寺に結 夏 のため向 つたが、生
憎 に病を得 て再 び江戸 に歸 つた(紀行痩 法師)。

・寛保元年(1741) 23歳
  そねが死んだ。
2月 出家して僧『円宗』となった。

2月末 秋田を出立して江戸に向った 。
  駒込栴檀林(吉祥寺)の学寮に草鞋を脱いだ。
  俳諧を志し、各地を転々とした。
  上京して芭蕉も門下:志田野坡に師事した。
  伊勢派の彭城百川、和田希因、中森梅路らに師事した。

 ○凉袋紀行 「紀行藍のやどり」・「紀行霜のたもと」
  (執筆年代不詳)。

・寛保2年(1742) 24歳
○ 「小夜 の中山」 に入集
・春、武蔵国北埼玉郡小林の禅院正眼寺の説教僧となる。
・4月 初旬、秩父観世寺を巡りをした。
  29番の札所「笹の戸山長泉院」の禅室で「札所案内記、縁起」
  の執筆した。

・寛保3年(1742)25歳
○ 「秩父三十四所観音靈驗円通伝 」五巻、
○「三峰山 中興国字記」
○「秩父独案 内記」・「秩父かなゑん記」などを著した

 江戸で宗瑞 、柳居 、鳥醉 、吐花 (秋瓜)と親交を持った。

・延享元年(1744)26歳
・初冬、 江戸を出立。
  途中、尾城の巴雀理然を尋ねた。
○「紀行越の雪間」を著した。


●延享元年(1744)4月、建部涼袋は伊香保・榛名山を訪れた。

●延享2年(1745)27歳
 ・正月吉日刊『伊香保山日記』を著した。
 「ひと日榛名山に詣ス。道すがら五月雨のあやめと読る沼を見る。
 風景いとよし。小富士と云やまあり。」

『時しらぬ 山かと涼し とまり鷺 』

※俳号は葛鼠(かっそ)→都因・涼袋・涼帒などを用いた。

・延享4年(1747)29歳、江戸浅草に『吸露庵』を構え、俳諧の
   弟子をとった。
   その後も旅を多くした。
・寛延2年(1749)門人らの援助を得て上方へ行った。

・寛延3年(1749) 還俗した。
  長崎に寄寓して約半年・・・
   熊代熊斐と石崎元徳に南蘋派の画法を学んだ。

・宝暦元年(1751) 大阪に留まって画業で暮らした。

・宝暦2年(1752)江戸へ帰った。

・宝暦3年(1753)35歳、母の勧めで、中津藩主奥平昌敦に仕えた。

・宝暦4年(1753)中津藩の藩命により、2度目の長崎で約1年半・・
  費漢源に山水画、李用雲に墨竹図を学んだ。

  南蘋風の濃密精緻な彩色花鳥画より淡雅な筆致を好むようになる。

  画号は、孟喬(うきょう)・毛倫・建綾岱・建長江・寒葉斎などで
  あった。

・宝暦7年(1757)39歳、遊女の紫苑(号:伎都)と結婚した。
・宝暦8年(1758)40歳 中津藩を辞した。

・宝暦12年(1762)44歳、『寒葉斎画譜』を刊行した。

・宝暦13年(1763)45歳、片歌を提唱し、『綾足』の号を用いた。
 賀茂真淵に入門した。

・明和3年(1766)、歌道の冷泉家に入門した。

・明和5年(1768) 小説『西山物語』を上梓した。
京都に住み、片歌と国学とを講義した。
  浅草出身の僧侶:金龍道人と交友を深めた。

・明和7年(1770)52歳、片歌の祖と考えたヤマトタケルの能褒野陵前に、
  片歌碑を建てた。
   花山院常雅から『片歌道守』の称号を得た。
   京都で万葉集や古今集を講義した。
  山水「金龍道人賛」 絹本墨画淡彩を描いた。

・安永2年(1773)55歳、旅行中に発病した。

・安永3年(1774)、56歳 江戸の仮寓に没し、向島弘福寺に葬られた。
  『知足院即心是空居士』。





●▲■箕輪初心:生方▲温泉ブログ(群馬編)***********

箕輪初心:生方▲2018『草津温泉』・『草津に歩みし141人+α』のブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201809/article_55.html

箕輪初心:生方▲『温泉百話―東の旅』(ちくま文庫2018年)
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_1.html

◆総論編**************************
◆◆ 箕輪初心★『伊香保の歴史詳細&訪れた文人墨客』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201302/article_5.html

箕輪初心▲伊香保温泉&【文人墨客】復刻版
https://53922401.at.webry.info/201503/article_30.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201503/article_30.html

◆各論編**************************
◆◆【古代~平安時代の伊香保・榛名】************
伊香保№00『エロ解釈万葉集伊香保編9首』古代~鎌倉時代
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_13.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『万葉集東歌:エロい伊香保9首』
http://53922401.at.webry.info/201509/article_9.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『万葉集上野国エロ東歌』
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do

箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路の万葉歌碑』①山名駅~山名
八幡宮~山上の碑』
http://53922401.at.webry.info/201510/article_22.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路のエロ万葉歌碑』②山上の碑
~山名城大手口まで4句碑』
http://53922401.at.webry.info/201510/article_23.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路万葉歌碑』③山名城2回目
http://53922401.at.webry.info/201510/article_24.html

箕輪初心:生方▲2015高崎【山名万葉句碑】④山名城4番~10番
&根小屋城の句碑
http://53922401.at.webry.info/201510/article_25.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路万葉句碑』⑤根小屋城2回目
https://53922401.at.webry.info/201510/article_29.html


◆◆【鎌倉時代の伊香保・榛名】******************
箕輪初心:生方▲伊香保№00補足篇≪鎌倉時代の歌人たち≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_23.html


◆◆【南北朝時代の伊香保・榛名】******************
箕輪初心:生方▲伊香保№12『伊香保神社縁起』と南北朝時代『神道集』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_24.html


◆◆【戦国時代の伊香保・榛名】******************
箕輪初心:生方▲伊香保№01≪長尾景仲→景信→景春→上杉定昌
の伊香保温泉開発?≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_3.html

箕輪初心:生方▲伊香保№02≪堯恵(ぎょうえ)文明18年(1486)≫
『北国紀行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_4.html

箕輪初心:生方▲伊香保№03≪宗祇:文亀2年(1502)≫連歌師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_5.html

箕輪初心:生方▲伊香保温泉№4≪宗長≫ 連歌師:『宗祇終焉記』・『東路の津登』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_6.html

箕輪初心:生方▲伊香保№4≪真田昌幸:天正4年(1576)石段街の基礎造成≫
と真田3代ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_7.html

◆おまけ***********************
箕輪初心▲武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻①信濃編ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_8.html

真田幸綱(幸隆)の上野侵攻②上野編150城ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_9.html

箕輪初心:生方▲2016年NHK大河D【真田丸】:真田昌幸&真田幸繁
(幸村)ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
https://53922401.at.webry.info/201601/article_9.html


◆◆【江戸時代の伊香保・榛名】*****************
箕輪初心:生方▲伊香保№13『江戸時代の文学:伊香保・榛名総集編』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_25.html

箕輪初心:生方▲伊香保№15≪中川内膳正妻:寛永年間(1624~1645)≫
『伊香保記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_27.html

箕輪初心:生方▲伊香保№16≪跡部良顕:元禄11年(1698)≫『伊香保紀行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_29.html


箕輪初心:生方▲伊香保 №06≪高山彦九郎:安永2年(1773)≫
尊皇思想家『赤城行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_11.html

箕輪初心:生方▲伊香保№07≪奈佐勝皐(かつたか)天明6年(1787)≫
『山吹日記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_15.html

箕輪初心:生方▲伊香保№08≪十返舎一九:文政2年(1819)≫文学者
・エロ浮世絵師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_14.html

箕輪初心:生方▲伊香保№09≪千葉周作:文政6年(1823)?≫:木暮武太夫泊
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_16.html

箕輪初心:生方▲伊香保№09≪樋口定輝:文政6年(1823)?
伊香保神社掲額事件≫馬庭念流
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_20.html

箕輪初心:生方▲伊香保№11≪滝沢馬琴:文政年間?≫①『伊香保の額論』
&②『南総里見八犬伝』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_21.html

箕輪初心:生方▲伊香保№100番外編≪司馬遼太郎『北斗の人』≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_22.html

★明日の伊香保は?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック