箕輪初心:生方▲高崎№27▲久保康顕先生講演会『戦国時代の榛名神社』と井伊直政

平成30年(2018)10月26日榛名民俗資料館で事務局の中島さんが
久保康顕先生をご紹介してくださった。「私、生方と申します。」「私の
妻の姓と同じです。」とおっしゃった。「今日は井伊直政の家臣、西郷
と椋原から入ります。」「西郷正次と椋原政直ですか?私は井伊直政
の家臣団形成を中心に研究しています。楽しみです。」と答えた。
久保康顕先生の講演会「戦国時代の榛名神社」を拝聴した。
~~講演会~~終わって、久保先生の本を購入し、サインをいただい
た。山本隆志先生もお見えになっておられた。山本先生から「赤城の
養蚕」についての論文をいただいた。お二人の先生、誠にありがとう
ございました。

山本隆志先生は「昭和56年?の時に、書き下し文がされていますが、
間違いが多く、正確な訳は久保康顕先生の初出と言ってもよいでしょう。」
とおっしゃられた。初出の西郷・椋原の文書である。

画像

(★久保先生共著)

★久保先生の写真掲載の許可を得ませんでしたので、
 掲載できません。
画像

★井伊直政の箕輪・高崎城時代、信濃県境~松井田~安中~
板鼻~榛名~(赤坂=高崎)~箕輪~(旧群馬町)~榛名湖、伊香
保温泉~渋川金島も支配地であった。中仙道と三国街道整備を
行った。
ちなみに榛名民俗資料館には「井伊直政の鐙」が展示されている。


箕輪初心:生方▲井伊直政№158『群馬県に残っている井伊直政関連の遺物』
https://53922401.at.webry.info/201801/article_19.html


【27】久保康顕先生講演会「戦国時代の榛名神社」
はじめに
①近世・近現代の榛名山信仰 農耕神 風雨順調 雨乞い→「榛名講」
②近世榛名山信仰→明治初期  御初穂所書上
11月23日  新嘗祭:秋の初穂を供えて、豊作御礼の祭典を行う。
慶応2年「吉井在御初穂并ニ入用帳」(一宮修家文書)

1)鐘を撞かせられる者
画像

画像

史料A【戦場から逃亡した疑いのある者】
  (差出者:西郷藤左衛門正次(正友:正員)→榛名神社別当)
画像



「彼者陣より懸落

  申候間、則可成敗
 者ニ候へ共、春名之
 かねをつかせ扶可
 申上間、無心之申事ニ
 候へ共、於御神前ニ
 急度被仰付候て
 可給候、誠御無心之
 申事ニ候へ共、人を
 御たすけ候と思召、
 可被仰付候て可
 給候、恐々謹言
七月六日  西藤左(花押)
 ・・・・・・・・・・・・・・・(継(
        箕輪より
 春名別当人
 
  尚々、□□不申通候、
  御宜敷奉存候、於
  其元能々可被仰
  付候て可給候、様子者
  関方。宮沢両人
  可申候、已上

2)鐘を撞かせられる者

史料B【殺人の疑いのある者】
(差出者:西藤左=西郷藤左衛門正次(正友:正員)
椋原次右=椋原平次右衞門政直(正直)
      →□□別当坊)
「急度申入候、仍
 彼者浜川之郷ニ
 おゐて外記えお申 
 者をころし候由
 申懸候へ共、しやうこ(★証拠)
 無之二付而、かねを
 御つかせ候間、三日之
 内ニいかにも念
 を入、御つかせ
 可有候、委細者
 彼両人可被申
 候条、不能具候(つぶさにあたわずそうろう)
 恐々謹言
        椋原次右
卯月廿六日  西藤新次(花押)
 ・・・・・・・・・・・・・・・(継)
        箕輪
 □□
  別当人坊
  参

  
    返々、かたく
   御意ニ候間、、念を
    入れ御つかせ可有候、
    無念ニ被仕候ハ者、別当坊
    曲事たるべく候、已上


A)寛永年間(1624~1645)『伊香保記』寛永16年?
榛名神社
①榛名神社社殿
「御やしろは右のかたの森のうちにたゝせ給う。ちぞうかだけというほら
の中へつくりかけられたり。この頃そう宮ありしとてきら/\と見ゆるも
のから、さすかに神さひつゝ有かたくそみへさせ給ふ。此御神はまんきや
う権現とてことにれいけんあらたにわたらせ給ひて此所の民ともの屋山田
に水なき事なとうれへて祈奉れは、たちまちにあたへさせ給ふとなり。」
★意味…地蔵ヶ岳の祠の中に造りかけている。宮がキラキラ見えるが、神
 は錆びているにで有難く見える。(祀られている)神様は満行権現で・・
 ・(雨乞いの)霊験あらたかな神様である。
 地蔵が岳・・・雨乞いの神様

②様々の奇特、不思議な事
「其外さま/\のきとくふしきおほしとかや。かのそうしやの八郎権現の御ち
ゝ君にしておはしましけるとそ。えんきはおもひかけすそうしやにてみま
いらすれはいよ/\有かたき事にておもひし。

③建造物・仏像
「され此外堂宮々々みゆるにまいりてみれば、左のかたにねはん堂、きや
うき御作のちさうたう、おなしき御作の薬師堂、しやかたうには左右に文
殊ふけんおはします、これは七うちの堂にてそありけり。まつしやには住
吉三嶋の明神たゝせ給ふ。」

④鐘楼
★触ってはいかん。

箕輪初心:生方▲伊香保№15≪中川内膳正妻:寛永年間(1624~1645)≫
『伊香保記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_27.html


B)元禄11年(1698)『伊香保紀行』
榛名神社
「こゝを過て権現の社の前に番所有。それより石段の坂三ツ有て、登れ
は本社也。近比造立して朱の玉垣、千木かたそきまて美を尽したり。
内陳の社は後の岩の洞の中へ作りかけ見ゆる。この岩仰レ面てたをるゝ
程の高き岩なり。人の形して見ゆ。頭のことくまろき所に幣をさしてを
けり。卯月朔日より十五日まて祭礼あり。神楽堂、三重の塔、鐘楼有。
神楽堂の前に鞍懸岩とて高き岩あり。本社の左の山に清水流るゝを御供
の水という。鐘楼の群に山伏かたけと云岩あり。向によろいかたけとい
う岩有。山の上に洞窟三つならひて、其中に仏像三つあり。護摩堂有。
大きなる杉の木四方にならひ茂り、松柏其間にしける。本社の前に巫女
座して鈴をふり神託をのふる。此社は満行権現とて将軍地蔵を安置した
るよし、社僧語る」

箕輪初心:生方▲伊香保№16≪跡部良顕:元禄11年(1698)≫『伊香保紀行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_29.html


C)天明3年『榛名山誌』 佐藤寛雄
「楼門 巨鐘アリ。古昔、近国ノ諸侯罪ヲ正シテ疑キゾアレバ、囚
 徒二此鐘ヲ打チシメテ、其軽重をハカリシトイフ、・・・」

D)文化11年『榛名山巖殿寺役中諸用記』
「古来者此鐘を撞き、巖祈賞罸候故利生鐘与唱え候由、・・・」
読み…古来は此の鐘を撞き、「げんきしょうばつりしょう」と唱え
   そうろうよし」

E)文政2年(1819)『上信日記』
●榛名神社
「…又、鐘の銘には榛名巖寺とあるよ誠にたゝみこめたる榛名寺に
 巖の寺とそえて榛名巖寺とはかるける也けん。…さてその鐘は
 楼門の上かけて常に人のこほるをいましめ又つくことももなし。
 土人(★地元民)無間鐘などいひて、ちかごと(★誓い事)たつる
 には、寺にねかひて此鐘つくことありとそ。鐘はかたちいとふるひ
たり。われたる所ありて音のよろしからぬにこそはありけれ。
 其銘
 上野国榛名巖寺
  奉鋳三尺五寸鐘一口
  文永五年戊辰二月十日
                  大勧進僧 栄円
                    大工 高階友俊  
 …(略)


箕輪初心:生方▲草津100人『27清水浜臣』:高崎に移住した国学者
<< 作成日時 : 2018/03/30 10:08 >>
https://53922401.at.webry.info/201803/article_31.html

F笹本正治『中世の音・近世の音』
第1章 これまでの研究
第2章 誓いの鐘をめぐって
第3章 他界から来た鐘
第4章 鐘の音の効果
第5章 無間の鐘
第6章 音を出す器具と音の役割
第7章 神仏の出現と音
第8章 夜の世界
第9章 鋳物師に対する意識
第10章 神隠しと鉦や太鼓
第11章 軍器としての鐘や太鼓
第12章 時の鐘
第13章 寺の増加と山のお寺
第14章 鋳物師の増加
第15章 近世の危急を告げる音
第16章 娯楽としての音楽

中世において誓いの場や裁判の場で撞かれていた神聖な鐘は、次第に
日常的な音になり、危険や時刻を知らせる役割を果たすようになった。
神の世界と人間をつなぐ音から、人間同士をつなぐ音へと変化した。
(★ CiNii )

五 「無間の鐘」
「・・・もし、此の鐘をつけば、世界の財宝がたちどころに集まり、
 ・・・鐘をつく者は福徳が得られるが、来世は無間地獄におちる。」

結論
 
 久保先生「榛名神社の鐘が罪はあるかどうかを探る手段であった。
  または罪の猶予、免罪をするために付かせていると読み取れる。
  罰の猶予→無間の鐘と笹本説に対応できるのではなかろうか?」




【21】高崎シティギャラリー前「山口薫展」

箕輪初心★高崎偉人伝【山口薫】モダンアート洋画家
http://53922401.at.webry.info/201310/article_25.html
<< 作成日時 : 2013/10/25 05:37 >>

輪初心:生方★2015高崎【山口薫の生涯:復刻版】
https://53922401.at.webry.info/201509/article_13.html

箕輪初心★高崎偉人伝【山口薫】モダンアート洋画家
http://53922401.at.webry.info/201310/article_25.html

箕輪初心:生方★2015高崎【山口薫の生涯:復刻版】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_13.html
京都「何必館」・・・祇園近く。八坂神社から四條通り100m

箕輪初心:生方◆『山口薫ミニ展覧会at関口コオ美術館in高崎箕郷』写真集
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201711/article_17.html

箕輪初心:生方▲箕輪城№234群馬県立近代美術館「山口薫と箕輪城
・箕輪武士のコラボは無理か?」
https://53922401.at.webry.info/201612/article_9.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201612/article_9.html


【21】高崎シティギャラリー前「山口薫展」

箕輪初心★高崎偉人伝【山口薫】モダンアート洋画家
http://53922401.at.webry.info/201310/article_25.html
<< 作成日時 : 2013/10/25 05:37 >>

輪初心:生方★2015高崎【山口薫の生涯:復刻版】
https://53922401.at.webry.info/201509/article_13.html

箕輪初心★高崎偉人伝【山口薫】モダンアート洋画家
http://53922401.at.webry.info/201310/article_25.html

箕輪初心:生方★2015高崎【山口薫の生涯:復刻版】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_13.html
京都「何必館」・・・祇園近く。八坂神社から四條通り100m

箕輪初心:生方◆『山口薫ミニ展覧会at関口コオ美術館in高崎箕郷』写真集
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201711/article_17.html

箕輪初心:生方▲箕輪城№234群馬県立近代美術館「山口薫と箕輪城
・箕輪武士のコラボは無理か?」
https://53922401.at.webry.info/201612/article_9.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201612/article_9.html

【22】高島屋「長崎・福岡物産展」
 ①カステラ
 ②福岡豚骨ラーメン


【23】平成30年(2018)10月13日倉渕「高橋貞春コンサート」
高橋貞春Cla.演奏会
●洋楽篇
1)メンデルスゾーン「歌の翼に」
2)ドボルザーク「スラブ舞曲2番」
3)ブラームス「ハンガリー舞曲7番」
4)ブラームス「ハンガリー舞曲5番」

●日本編~童謡100年~
5)里の秋
6)ゆりかごの歌
7)月の沙漠
●アンコール
8)故郷
宿泊…1)風呂 2)夕食 3)同窓会






【24】平成30年(2018)10月14日、『小渕優子議員国政報告会』
小渕優子議員に声かけた。「小渕先生、伊勢崎の従兄弟の方が○○の
ポスターに掲載されていますよ。」
小渕先生「見たい。持ってる?」
「ごめんなさい。急いできたので、持ってきていません。」
 『小渕優子議員国政報告会』
0】 はじめに
1)6月 はげます会
2)2月 女性部
3)昨年 選挙 ・・・・お世話になりました。
4)手の怪我…子ども11歳。9歳と遊ぶ。
   キャッチボール・テニスで筋の痛みで固定
1】9月2日 総裁選挙
   石破 VS 安倍   小渕優子氏は石破を支持 4割
2】8月~10月末の夏休みを兼ねた視察?(国会開催まで夏休み)
1)8月 シンガポール視察・
  ●目的…「国家の政策と日本との関係調整」
       首相・大臣・教育大臣との会合
   年間1700万人の観光客・・・安全な国
※飲料水をマレーシアから輸入・・・
 海水を水に変える工場…風呂水等
使用した水のリサイクル工場見学…New water
2)9月 NZ視察(小泉さん・福田達夫さんと)
●目的…「国会改革、野党との協力」の視察
大統領・議員との会合
※女性大統領で産休に入ったので有名。
     NZの女性国会議員の40%。日本の 女性国会議員の15%
NZは国会に赤ちゃんを連れて来てもよい。
3)10月 ASEAN会議
3】10月20日以降、国会について
  ①災害対策と補正予算(冷房・ブロック塀・・)
  ②憲法改正(9条など・・・、自衛隊と安全保障)→国民投票
  ③少子高齢化…人口問題、年金、議員定数など
  ④教育行政
⑤元号…「平成」は父:小渕恵三氏。5つの条件
 ⑥今の担当は・・・★メモしなかったので不明。
4】質疑応答
A 500の団体

【25】平成30年(2018)10月20日箕輪「きつねの嫁入り」

【26】平成30年(2018)10月21日
  ①箕輪「箕輪城まつり準備」
  ②「Age Age まつり 」

【27】平成30年(2018)10月26日
  ①榛名民俗資料館で久保康顕先生講演会「戦国時代の榛名神社」
②社家町・榛名神社散策

【28】平成30年(2018)10月27日
  ①高崎「高崎学検定」
②ランチ:イオン高崎の「源ちゃん」で『日替わり海鮮丼と唐揚げ』
  (竹内氏と)
  ③赤堀城
④演奏会『カナディアン・ブラス』at笠懸野文化ホール
  3500円+CD6500円

【29】平成30年(2018)10月28日箕郷「箕輪城まつり」

【30】平成30年(2018)10月30日高崎「上州戦国物語」
at

【31】平成30年(2018)11月2日~7日高崎「小栗上野介展」





★明日は

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック