箕輪初心:生方▲安中の歴史・城№955?松井田:中山陣屋&温泉№6『磯部館』

今日は誕生日。2時間後くらいには東京に通夜・葬儀に出かける。
平成31年(2019)2月27日、安中・松井田の歴史研究となった。
①「安中ふるさと学習館」の焼き物展示の搬出に行った。学芸員の佐
野先生より講義を3時間賜った。ありがとうございました。
②安中市松井田町行田(おくなだ)の『中山陣屋』は山崎一『群馬県古
城累祉の研究4巻』にも、どのブログにも出てこない江戸時代末期の
陣屋である。約150年前の陣屋の建物を使って、20年前より『蕎麦
:田舎屋』として営業している。
③磯部温泉「磯部館」の日帰り温泉は900円であった。対岸の高台
旅館から風呂が丸みえなので、斜めの板張りがしてあり風情に欠ける。
磯部ガーデン・磯部館・桜や作右衛門は櫻井一族の経営である。

画像

画像


【1】安中ふるさと学習館
1)搬出
箕輪初心:生方▲安中市ふるさと学習館『安中のやきもの 秋間古窯跡
群から自性寺焼へ』
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_7.html
★須恵器~国分寺瓦~戦国時代の窯~自性寺焼~現在

箕輪初心:生方▲2019清水豊先生講演会『戦国時代の窯跡~清水遺跡再考~』
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_8.html

箕輪初心:生方▲『安中氏の盛衰』
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_10.html

箕輪初心:生方▲安中市ふるさと学習館『自性寺焼青木昇門下作陶展』
私も出品
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_18.html

箕輪初心:生方▲「安中ふるさと学習館」と温泉№1『磯部温泉:桜や作右衛門』
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_27.html

箕輪初心:生方▲2019映画『サムライマラソン』あらすじ:行きは
マラソン、帰りは戦い
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_36.html

箕輪初心:生方▲『サムライマラソン』②幕末の安中藩:板倉勝明
・板倉勝殷・新島襄
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_38.html

箕輪初心:生方▲2019『サムライマラソン』③安中ふるさと学習館の展示品
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_37.html


2)佐野先生講義
・戦国時代、安中城は安中氏が武田信玄の侵攻に備え、碓氷川と九
十九川の間の台地に築いた城である。松井田城主:忠政(重繁)
の妻は長野業政の娘(石井系図等では長野業政の沼田顕泰からの養
女であった。子は元安中城主:安中忠成(景繁)である。系図によ
っては安中景繁の妻は長野業政の娘である。
安中忠成(景繁)は武田信玄の侵攻で武田家臣になった。武田に屈
すると甘利昌忠の妹を嫁にした。真田昌幸との付き合いも深かった。

佐野先生「武田信玄により厩橋の薬屋:外郎(ういろう)氏は松井
田に移って来た。武田信玄より、小諸方面の食料・武器の運搬を依頼
されている。」


箕輪初心:生方▲2018梁瀬大輔先生講演会『上野の戦国地侍』
at榛名倉渕保健センター

https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_23.html


・天正3年(1575) 安中景繁は長篠の戦いで甘利昌忠の傘下に入り、
戦死した。
子にはは真田に世話になった子もいる。


・天正18年(1590)以降、安中忠成(景繁)一族は井伊直政の家臣
になった。可能性もあるが。
北条家の家臣になっていた一族か武田氏の家臣のまま牢人して過ごし
た一族かは不明である。

佐野先生「安中氏の子孫の系図は高崎の安中さんの系図しかない。」


・慶長19年(1614) 井伊直政の長男:直継(→直勝)は彦根藩
2代藩主となるはずであったが、病弱を理由に弟:直孝が彦根藩を
継いだ。井伊直勝が安中藩に分地され、安中藩3万石で入封した。
安中一族は彦根に留まった。安中佐右衛門家・安中沖右衛門家・
安中半右衛門家 (★上野国安中)である。

・慶長19年(1614) 井伊直政の長男:直継(→直勝)は彦根藩
2代藩主となるはずであったが、病弱を理由に弟:直孝が彦根藩を
継いだ。井伊直勝が安中藩に分地され、安中藩3万石で入封した。
安中一族は彦根に留まった。安中佐右衛門家・安中沖右衛門家・
安中半右衛門家 (★上野国安中)である。
佐野先生「発掘の結果、戦国時代の大きな掘深さ3m以上の掘が
 いくつか発掘されている。つまり、井伊直勝が掘を埋めて、新しく
 安中城・安中宿を整備した。それまでは、街道は別のコースで
 あった。関所も現在の関所に移しました。」

◆松井田宿金井本陣・藤右ヱ門屋敷。
・天正18年(1590)7月?日 北条氏家臣倉賀野(金井)景秀が小田原
 早川口で死んだ。倉賀野昌吉の行方が不明。・・・
 
佐野先生「倉賀野氏一族は旧姓の金井姓に戻って本陣を経営した。」
現在建物などは残っていないが、資料によると建坪およそ171坪で
玄関門構えのある建物であった。
明治天皇行幸の節に宿泊所にもなった。

秩父氏系倉賀野尚行は上杉謙信・景勝の家臣として春日山に在城。
上杉氏会津移封には付いていかず、酒井家次家臣になった。
酒井氏山形城移封の折、酒井家家臣になった。


◆板鼻陣屋
戦国時代には鷹ノ巣城があった。さらに1500年頃にには上杉顕定の
 陣所が板鼻にあった。依田徳しょう軒も屋敷を構えた。
 その後、武田の支配下になり依田氏は武田の援助で板鼻城を造った。

・天正18年(1590) 徳川家康の関東入封、
酒井家次は臼井藩3万石で入封となった
徳川家康は里美家との争いを避けるため、酒井家次の娘を里見忠義
 の弟:里見忠重に嫁がせた。
・慶長5年(1600)関ヶ原の戦い
・慶長6年(1601)2月 井伊直政が佐和山(滋賀県)に移った。
  里見忠重は関ヶ原の戦い功労で板鼻に一万石を拝領した。
  板鼻・下里見・中里見が板鼻藩領であった。
  中仙道を見下ろす丘の上に陣屋を築いた。時宗の寺の裏山である。
  板鼻藩は立藩され、藩庁として板鼻陣屋が築かれた。
  
 ★個人的には上杉顕定時代の海蔵寺がここにあったと想像している。
 板鼻城の小丸田曲輪であった。
(現在、安中市老人福祉施設「いきいき長寿センター」が建っている。)
 外様大名が江戸と京都を結ぶ主要街道である中仙道を押さえるような
 陣屋を築いたのは、徳川家にとって相当目障りだったようである。
 板鼻里見家はほどなく、里見忠重が勤務怠慢を理由に改易となり、
 一時期廃藩となった。里見忠重は妻の父:酒井家次の家老として、
 1000石で引き取られ、高田に移った。
 (★「酒井家次の家臣録」『上越市史』)
・寛永2年(1625)9月2日老中:酒井忠世の長男である酒井忠行が
 板鼻に所領を与えられ、板鼻藩を再立藩した。
・寛永13年(1636) 3月 父:酒井忠世の死去により酒井忠行は厩橋
 藩主を継ぎ、板鼻3万石は厩橋藩に吸収され廃藩となり、陣屋も
 廃された。
 現在、陣屋跡には安中市老人福祉施設「いきいき長寿センター」が
 建っている。遺構が廻りの土手くらいであろうか?
 搦め手門とされる陣屋門が近くの称名寺の山門として移築されている。





箕輪初心:生方▲「日高病院からの井伊直政の領有地遠望」&
箕輪城№279『直政時代の本丸』
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_1.html

箕輪初心:生方▲伊香保№75【井伊直政・直孝・直勝の伊香保支配は
41年か?】
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_3.html

箕輪初心:生方▲井伊直政№280群馬県立歴史博物館『岡本宣就軍配
・長野業実甲冑』
https://ubu3blog.at.webry.info/201903/article_3.html

・幕末
板倉勝明(かつあきら)の業績 ◆◆
・文化6年(1809)11月11日(12月17日)安中藩主・板倉勝尚の
 長男(庶子)として生まれた。幼名は 百助⇒鶴五郎

・文政3年(1820) 10月27日、父:板倉勝尚の死去により家督を継いだ。
重形系板倉家7代:板倉勝明となった。

・文政7年(1824)11月15日、将軍徳川家斉に拝謁。
12月26日、従五位下伊予守に叙官。

・天保14年(1843)12月15日~天保15年(1844)5月18日まで
奏者番を務めた。

1)学者の登用→蘭学の奨め
学問を好んで後藤松陰らと交遊し、藩内でも学問を奨励している。
①【大山融齋】=嘉永5年(1852 )張り子の地球儀作成。
②【山田三川】=近藤重蔵と千島列島の択捉島探検。
③【添川完平】=安中藩の儒者。
④【川田甕江】= 新島襄の漢学の先生。後、東大教授。
●佐野先生とも話した。

2)西洋軍制の導入

3)殖産の奨め→桐・杉・漆など(★新島襄の安中の家の裏)

4)学者藩主と称され、本の執筆が多い。
①『甘雨亭叢書』
②『安中志』
③『東還紀行』
④『西征起行』
⑤『遊中禅寺記』など多くの著作を残している。

5)安政の遠足→日本初のマラソン
・嘉永5年(1852)  
※日米和親条約
※長州の桂小五郎が京都で御所を拝む。
※12月ナポレオンがフランス皇帝に就任。

・嘉永6年(1853)
  漢学・・・安中藩の学問所:添川完平(廉斎)
 ■添川完平{享和3年(1803)~安政5年(1858)}
 江戸安中藩江戸屋敷の儒学者・・新島襄も学んだ。
 
※6月ペリー提督、4隻の軍艦を率いて浦賀沖に入港。 

・安政元年(1854)新島襄11歳 
※3月日米和親条約締結 

・安政2年(1855)・安政遠足(あんせいとおあし)
 安中藩主板倉勝明(かつあきら)が藩士の鍛錬のため、藩士96人に
 安中城門から碓氷峠の熊野権現神社まで走らせた徒歩競走である。
 安政遠足は、日本におけるマラソンの発祥といわれている。

おそらく、佐野先生・阿部先生が作成
画像

画像

画像

画像

画像



・文久元年(1861) 
※3月ロシア軍艦が対馬事件を起こす。→小栗上野介が対応。 
 板倉勝静は再び奏者番兼寺社奉行として幕政に復帰した。
※12月 公武合体政策で皇女和宮が降嫁。
  途中、安中の板鼻に泊まった。江戸へ下る。
板倉勝殷は和宮降嫁のために中山道の守備・警固を務めた。



佐野先生「松井田の中山陣屋「田舎屋」の建物が残存しています。


【2】城№955?松井田:中山陣屋「田舎屋」
愛宕山城(碓氷峠城)4回・坂本城(城の峰城)2回・松井田西城
(諏訪城・西城小屋)1回・補陀寺館1回・松井田城3回、高梨子
代官所1回?・小日向城1回?・下増田内出0回・大王寺城2回・
人見城3回、河田陣屋2回、に行っている。
松井田には3年間、務めたことがある。松井田:中山陣屋「田舎屋」
の近くに職場があった。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 小渕恵三氏・小渕優子氏
  松平健さん・・・・など多数来店。
画像




箕輪初心●群馬:旧松井田町(現安中市)の城9城一覧
https://53922401.at.webry.info/201210/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●群馬:松井田城 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201112/article_2.html

箕輪初心●安中一族の城【原市城→榎下城→松井田城→安中城】
https://53922401.at.webry.info/201211/article_13.html

◆◆ 箕輪初心★安中一族:安中忠政&忠成 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_10.html

箕輪初心●群馬【松井田城】=安中忠政→大導寺政繁の城
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201112/article_2.html

箕輪初心●群馬松井田:坂本城&愛宕山城=武田信玄の築城か?
https://53922401.at.webry.info/201210/article_4.html

箕輪初心●群馬松井田:人見城=遺構がよく残っている古城
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201210/article_5.html

箕輪初心■群馬:旧松井田の名所旧跡
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201210/article_6.html



【3】温泉№6磯部温泉『磯部館』
画像

画像

画像

画像



箕輪初心:生方▲安中市ふるさと学習館『安中のやきもの 秋間古窯跡
群から自性寺焼へ』
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_7.html
★須恵器~国分寺瓦~戦国時代の窯~自性寺焼~現在

箕輪初心:生方▲2019清水豊先生講演会『戦国時代の窯跡~清水遺跡再考~』
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_8.html

箕輪初心:生方▲『安中氏の盛衰』
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_10.html

箕輪初心:生方▲安中市ふるさと学習館『自性寺焼青木昇門下作陶展』
私も出品
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_18.html

箕輪初心:生方▲「安中ふるさと学習館」と温泉№1『磯部温泉:桜や作右衛門』
https://ubu3blog.at.webry.info/201902/article_27.html

****************************
画像



◆◆ 箕輪初心★安中の城一覧35城  ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_11.html

◆◆ 箕輪初心●安中城  ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_12.html

箕輪初心●群馬:旧安中の城【山崎26城<井上35城】
https://53922401.at.webry.info/201211/article_11.html

箕輪初心:生方▲井伊直政№174「家臣安中氏の歴史」と『井伊直勝と安中城』
https://53922401.at.webry.info/201802/article_20.html


◆◆ 箕輪初心★安中一族:安中忠政&忠成 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_10.html

◆◆ 箕輪初心●安中城  ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_12.html

箕輪初心●群馬【安中城】=安中一族→井伊一族・・・板倉一族
http://53922401.at.webry.info/201211/article_12.html

◆◆ 箕輪初心◆安中の遠足 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_4.html

◆◆ 箕輪初心★大山融齋などの安中藩学者 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201110/article_26.html

◆◆ 箕輪初心★新島襄 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201110/article_27.html

◆◆ 箕輪初心★安中自性寺焼:青木昇【黄綬褒章】 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直政№154『高崎城と街道整備:中仙道・三国街道』
http://53922401.at.webry.info/201801/article_15.html

箕輪初心:生方井伊直政№157『彦根藩主:井伊直孝が6~7年間?
過ごした安中北野寺』
http://53922401.at.webry.info/201801/article_15.html


箕輪初心●安中忠政=重繁=春綱&安中忠成=景繁=広盛
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201211/article_10.html


◆◆ 箕輪初心●大塚實氏&里見繁美氏の講演会 ◆◆ 
http://53922401.at.webry.info/201209/article_12.html


◆◆ 箕輪初心●箕輪城:長野業政の政略結婚 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201010/article_11.html
娘12人・・小幡重貞・小幡図書介・羽根尾・羽田
      大戸・木部・倉賀野・成田・浜川・ 


★どんな婚姻関係の系図が正しいか分からない。
安中氏も強烈な関係を結んだことには間違いない。


箕輪初心:生方▲箕輪城№264『内藤昌豊』長篠で箕輪衆の犠牲者が?
https://ubu3blog.at.webry.info/201809/article_36.html



★明日は?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック