箕輪初心:生方▲2019歴史秘話ヒストリア『駿府城大発掘!家康VS秀吉』&My家康ブログ一覧

令和元年(2019)10月09日 (水)歴史ヒストリアが録画されていた。
解説「駿府城で見つかった秀吉の金箔瓦…世間を驚かせたのは大量
の金箔瓦の出土である。当初は家康が建造した城のものだと考えら
れたのだが、周囲の石垣は戦国期のものであって年代が合わないこ
とが明らかとなった。実はこれは秀吉が築いた駿府城のものだとい
うのである。家康ゆかりの城であるはずの駿府城になぜ秀吉が関わ
ってくるのか。そこに家康と秀吉の攻防が絡んでいるのだという。」
天正13年(1586)駿河城築城開始。天正14年(1586) 駿府城本丸
御殿が完成。家康が駿府城に移住。天正17年(1589) 駿府城天守閣
が完成。家康の天守(野面積み)。天正18年(1590)小田原攻め後、
秀吉は家康を関東に入封。家康は駿河城を明け渡し、帰ることも許
されず、江戸城を築城。秀吉は家康の駿府城天守を破壊し、⇒秀吉
は金箔瓦の天守を構築(金箔瓦が330点出土)⇒家康の胸中は?
慶長5年(1600)秀吉の子飼い中村一氏宛て徳川家康文書⇒中村は
明け渡し。関ヶ原に勝利。・・・江戸城の1,5倍の当時最高技術
を駆使した打込み接ぎ・切込み接ぎ(発掘調査)の石垣の上に、当
時の最新技術で姫路城・大坂城より大きい高さ20mの6層銅板葺
天守を構築。軒瓦に金箔・・・。
簡単に言うと、秀吉も家康もお互いの城を完全ぶち壊して新しい城を
造る露骨な意地の張り合いによる駿府城が天下人の権力の象徴を示
す城であると解説していた。
天守築城は戦場での戦いだけでない攻
防戦であった。威信をかけての我が儘な攻防戦であったようだ。
20191910surugazyou020.JPG

箕輪初心●静岡【駿府城】①徳川家康3回在城~徳川家康の死
https://53922401.at.webry.info/201609/article_42.html

箕輪初心:生方▲2019【金箔瓦の城】&歴史秘話ヒストリア
『駿府城大発掘!家康VS秀吉』
https://ubu3blog.at.webry.info/201910/article_16.html


【1】金箔瓦の城
近世城郭の歴史がはじまったのが石垣・・礎石・天守閣・
瓦と金箔瓦・・・が特徴とされる。
金箔瓦の城は「権力の象徴・・政治色の強い瓦である・・・
織田信長・豊臣秀吉の政権の豊かさ・強大さを示す道具・具体物
である。したがって、大名の勝手に好みとして使用が決められる
ものではなかった。
金箔瓦は織豊時代の文化の象徴であった。
金箔瓦の城は広い水堀や山全体にめぐらされた石垣群の中に金色
に輝く建造物群は、人々に「見せる」城であった。
城の普請を担当した大名たちが自領に築城技術を持ち帰ったことに
よって、近世城郭の普及とともに金箔瓦も全国に広がった。


【2】駿河城の金箔瓦
平成30年(2018)10月16 日、ニュース・新聞報道
1)朝日新聞「家康の駿府城、発掘したら秀吉の「幻の城」
金箔瓦出土」
https://www.asahi.com › articles
徳川家康(1542~1616)が築いた駿府城(静岡市葵区)
に、豊臣秀吉(1536~98)が配下に築かせた城跡が見つ
かったと、発掘調査を進めていた静岡市が16日、発表した。
約330点の金箔(きんぱく)瓦や野面積みの天守台の石垣か
ら、豊臣期の城の特徴に間違いないという。
 市によると、6~7月、現在の駿府城趾の天守台付近から、
金箔で装飾された大量の瓦が出土。さらに8月ごろには、天守
台の南東角に重なるようにして、家康の駿府城とは異なる形状
の石垣(南北約37メートル×東西約33メートル)が見つか
った。石垣は自然石を積み上げた野面積みの技術を用いており、
金箔瓦を作る技術も豊臣期の特徴を示しているという。
 駿府城は、1585~89年に家康が築城。90年の関東移封
で家康が江戸に移った後、豊臣方の武将中村一氏が入城した。秀
吉の死去後、関ケ原の合戦を経て、再び家康が駿府城に入り、
1607年から大改修を行ったとされる。戦国時代は城を攻め取
った後、我流の城に建て替えるのが一般的だったが、一氏時代の
駿府城については詳細が明らかでなく、「幻の城」とされていた。



【3】小和田先生の評論 (ネットより引用)
「3回、天守があった駿河城」


【4】歴史秘話ヒストリア『駿府城大発掘!家康VS秀吉』******
令和元年(2019)10月09日
「去年、歴史を塗り替える大発見がありました。・・・金箔瓦です。
 家康のものではありません。・・家康と秀吉の攻防戦はありました・」

~~~題字「歴史秘話ヒストリア」~~~~~~~~~~~~~~~~
はじめに
「発掘調査を始める。かかれ。」
N「4年かけて、・・・最大のしろ、・・・」
①天守閣
 ②豊臣の金箔瓦・・・
 「駿河城は豊臣秀吉が気づいたのであろうか?」
 「プライドをかけて闘った城、・・・」

秀吉「関東へ移れ」
家康「いつか天下を取ってやる。」


0)序の章 通説「家康と駿府城の関わり」
Nは着物で、・・・
「駿府城の」




「発掘調査で、家康の城という通説がひっくり返った。」
「家康が造った城ではなかった。古い石垣が出てきた。」
①石垣・・・野面積み・・・
  つまり、家康の時代の切石積みではんかった。 

「家康に変わって駿府城の主となった秀吉は、家康が築いた駿府城
を破壊して、新たな巨大な城を建設した。」
今回の発掘調査の結果、「秀吉が築いた天守台は大阪城に匹敵する当時
最大のものであったことが分かった。」


1)第一章「金箔瓦が語る 家康 vs 秀吉」
「位置・・・」

家康の歴史
「小和田哲男先生「・・・政治経済の中心・・・」
N「駿府は今川氏が本拠としていた地であった。
 室町幕府が重視している京と関東の中間にあり、しかも周囲を山と海に
 囲まれた要地であって政治&経済&都文化の伝播の中心であった。

●ナレーターは大ざっぱなので補足説明「家康の人生」********
家康が駿府と関わりを持ったのは8才の時に駿府に人質として
送られた。
 永禄3年(1560)今川義元が桶狭間で倒れ、今川氏と袂を分かっ
て独立し、信長と同盟を結んだ。家康は東に侵攻、・・・
 永禄12年(1569)駿府を配下に治めることになる。
  家康は浜松城に住んだ。松平信康を岡崎に入れた。
天正10年(1582) 3月 武田が滅ぶと、家康は駿河を
 領有した。、岡崎・浜松は西の秀吉の支配地に近く、秀吉
の軍勢に囲まれる危険があった。家康は駿府に城を築くこと
にする。
信長も本能寺に倒れ、秀吉が立ちはだかることとなった。
・天正13年(1586)秀吉を迎え撃ち城を築城するべく駿府城
の建設に邁進していた。
ナレーター&コント
「秀吉が家康討伐のために軍勢を集めているというのである。
10万、とても家康に対抗できる力はなかった。」
 家康は秀吉に京都で臣従することにする。
「秀吉の家臣となった。城を秀吉から貰ったことになる。」
天正14年(1586) 駿府城本丸御殿が完成。家康、駿府城に移った。
天正17年(1589) 駿府城天守閣・城郭が完成した。
天正18年(1590) 3月 小田原攻撃に進軍・・
家康も従軍した。
ナレーター&寸撃
秀吉は「小田原攻めの拠点として駿府城を貸してくだされ。」
ナレーター「本来は秀吉対策・・・」
「家臣が反対・・・」
※小和田先生「駿河城のつもりでいた。」
秀吉は「城をみて、廻りたい。」
6月 石垣山に城を築城した。
ナレーター「・軍勢は20万。」
「小田原が落ちたら、関東に入り、江戸に入りなさい。
 駿河はワシが預かる。」
※小和田先生「苦渋の選択、・・・天守閣ができたばっかりの駿河城を
秀吉に反抗するわけにもいかず、了承する。」
7月、北条氏は開城。
8月、徳川家康に江戸に移封となった。
 駿河城には中村一氏が大名として入城した。
***********************(おまけ終了)


加藤まさ文発掘調査委員
「家康と区別するために、・・・」
①「さらに秀吉は金箔瓦を使用した。」
②「天守閣」

⇒「これは家康の力を己が凌いでいるというアピールでもあった。」
加藤「当時、最大規模・・・黄金の城を造った。・・・」

●解説「家康と駿府の関わり」」
①家康8~19歳 今川氏の舘
②家康45~75歳  駿河城
しかし
 家康45~49歳  家康の城 ⇒1590年小田原攻め、秀吉の城
 家康49歳~59歳 秀吉の城」⇒1600年関ヶ原、家康の城


2)古今無双の大天守
慶長3年(1558) 豊臣秀吉は大坂城で死去。
家康は57歳。・・・「堪え忍んだかいがあった。
家康はいよいよ天下を狙って動き始める

慶長5年(1600) 関ヶ原の戦いに勝利
  家康は再び駿府を取り戻すことに成功する。
劇「 駿府を奪還して再び築城するぞーさん。」
ナレーター「 駿府を取り戻した家康がまず行ったことは新たな
 築城である。」
「吾が城にあらず。」・・・認めめませんでした。

加藤発掘調査員「・・完全の物はありません。
 意図的に破壊しておりました。
 金箔瓦を・・・」
秀吉による駿府城を完全に破壊した。・・・・
「(この時に金箔瓦も破壊されて埋められたらしい)という
発掘調査委員の意見ということになる。

ナレーター「家康は秀吉を越えた城を造ろうとした。」
加藤「当時の最高水準、・・・」
★大きな切石積み・・・
ナレーター「東西68M・南北612M・・・
★より巨大で豪華な城を建設したのである。」
加藤「この時の天守台の規模は何と江戸城の1.5倍・・・」
ナレーター「高さ20M・・」
三浦「当代記をもとに復元、・・・」
ナレータ-7「豪華な6層天守・・・姫路城で6つ。」
三浦「屋根が6つ、・・・」
三浦「多門櫓が取り巻く。防御用の城、・・・
 現在一部復元、・・・・」
ナレーター「多門櫓で天守が隠れるんで、6重にしたのかもしれません。」
「天守の威厳、・・・「超豪華かつ極めて堅固なものであった。」

ナレーター
「秀吉は金箔瓦、・・・家康が白銅瓦・銅瓦を使用した」
「規格外の大城郭・・・」
ナレーター 「豊臣 vs 家康」
ナレーター「築城には全国の大名が動員されていた。」
三浦「駿河は・・・江戸城の守り・・・抑止効果」
これはまさに
 秀吉を否定して家康がそれを超越したことを示すと共に、こんな城を
築くような相手に戦って勝てるはずがないと思わせる抑止力を持った城
でもあった。」
20191910surugazyou033.JPG

●石切場・・・静岡県小瀬戸・・・
 小さくても400~500KG

ナレーター「大名が自腹で、・・・」
三浦「皆がこの城の中の規模や堅固さをよく理解している。・・・」


ナレーター 駿府城を築いた後に家康はいよいよ豊臣との決戦に動き
始める。関ヶ原から14年後、・・・

3)関ヶ原の戦い
静岡市埋蔵文化財センター
家康から中村一氏宛て文書
「・・・味方をしてほしい。。・・・」
ナサーター「伯耆の国に移った。」
駿河は家康の城になった。」

ドラマ「完成から4年の間に9回の放火・・・・」
ナレーター「下女がスパイ・・・・」
三浦「豊臣の手先か?」
ナレーター「早く決着をつけねば、・・・」

1614年「国家安康」・・・家康が方広寺の鐘の銘文に因縁をつけた
時、大阪から弁明の使者として片桐且元が駿府にやって来た。
ナレーター「あおうとしなかった。」
ドラマ「片桐且元・・この駿府城を見て家康と戦うのは不可能で
 あろう。」・・・
ナレーター「大阪に戻ってから・・・淀と・・・を伝える。」
「駿府城を見たことのな大阪方の面々は且元を裏切り者とすて
扱いする。」・・・

1615年そしていよいよ大坂の陣、
結局は大阪を追われた片桐且元は家康に仕えることになる。
ナレーターは「片桐且元から大坂城の情報を聞く。
豊臣家は滅亡してしまう。
三浦「豊臣氏を滅ぼしたのは駿府城、・・・」
ナレーター「そして天下を完全に掌握した家康は1年後、駿府城で
その生涯を終えるのである。」
「久能山東照宮、・・・」

家康の城下町整備・・・河を安倍川1本に、・・・」
大名の刻印は残る、大石、・・・」
ナレーター「静岡市70万人(含む清水市)」
小学生「家康がいなかったら、静岡市がなかった。」
 
4)まとめ








***************徳川家康ブログ一覧2

◆織田・今川の幼少期~人質時代**************

・天文11年(1542)12月26日1歳 三河国岡崎城主:松平広忠の
  嫡男として誕生。

箕輪初心●愛知【岡崎城】=「徳川家康が生まれた城」
http://53922401.at.webry.info/201212/article_7.html

・天文16年(1547)今川氏の人質として駿府へ行く予定であったが、
 護送途中で田原城主:戸田宗光の織田信秀へ引き渡されてしまう。
 
  松平竹千代は熱田神宮に留め置かれた。
  織田信長と出会ったかもしれない。

・天文18年(1549)8歳の時、織田信広と今川の人質:松平竹千代
  との交換により、今川領の駿府へ移された。
  
   父:松平広忠が家臣の謀反により死去した。(異説有り)
   駿府にいながら家督を相続した。


・天文24年(1555)元服して今川義元から偏諱を賜り、
  松平次郎三郎元信と称した。

・弘治2年(1557)
16歳 今川義元の下げ渡し?関口親永の娘:瀬名(築山殿)を娶る。
  松平蔵人佐元康と改名した。
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№49『瀬名姫(=築山殿)と松平信康と亀姫
https://53922401.at.webry.info/201703/article_13.html

 松平元信(徳川家康)は父の15回忌に岡崎に行った。
 『徳川実紀』によると、「家臣は今川の年貢で、苦しい
 生活をしていたが、兵糧米と銭を貯めていた。」

・永禄2年(1559)『松平記』・『東照宮御實紀第二P30 』によれば、寺部
城攻めで初陣の際、徳川家康は岡崎の酒井忠次の力を借りて戦った。
今川義元より戦功で山中三百貫を貰った。山中城(現愛知県羽栗町)は
交通の要所であり、徳川家康の祖父の拠点の一つであった。



◆戦国大名として独立へ******************
・永禄3年(1560年)5月19日 桶狭間の戦い19歳
 今川義元の上洛戦では岡崎衆を率い、今川軍の先鋒を担った。
 酒井忠次は
 『新編岡崎市史』では1000人で出陣・・・。
 大高城への兵糧入れに成功するなど活躍した

箕輪初心★『織田信長②桶狭間前哨戦=家康の信長攻撃』  
https://53922401.at.webry.info/201206/article_2.html
★大高城

箕輪初心★【織田信長③桶狭間~清洲同盟】
https://53922401.at.webry.info/201206/article_3.html 

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№44『今川義元の生涯&悪夢の永禄3年生害』
https://53922401.at.webry.info/201703/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№45【第9話「桶狭間」&史実編】
&&井伊直盛の墓
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201703/article_6.html

戦後、今川軍が放棄した岡崎城へ入城する。

・永禄4年(1561)今川方の拠点・牛久保城(牧野康成)を攻撃し、
 今川氏からの自立を明確にする。

箕輪初心●愛知蒲郡【上之郷城】=ミカン畑の中の古城
https://53922401.at.webry.info/201212/article_11.html


◆織田政権下*************************
・永禄5年(1562)1月15日 21歳 伯父:水野信元の斡旋により
 清洲城を訪問した。織田信長と和睦、清洲同盟が成立
駿河国の今川家とは完全に敵対関係になった。

・永禄6年(1563)22歳 「元」の字を返上する意味から、
   「松平家康」 に改名した。

・永禄6年(1563)~7年(1564)三河一向一揆が勃発した。
  家臣も一族で半数近く一揆に加わった。しかし、松平元康は
  元家臣の反乱を許した。半年程沈静化にかかった。

箕輪初心●愛知【西尾城】&《吉良温泉》
https://53922401.at.webry.info/201212/article_8.html

箕輪初心:生方▲『礼法の歴史』:主に吉良流礼法
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201805/article_36.html


・永禄9年(1566)三河国を統一する。
   朝廷から従五位下・三河守の叙任を受け、「徳川」 に改姓する。

箕輪初心:生方▲『新編岡崎市史』&My徳川家康ブログ関係
https://ubu3blog.at.webry.info/201809/article_29.html

・永禄11年(1568) 織田信長と足利義昭の上洛作戦の際に援軍を
  派遣する。
  27歳 甲斐の武田信玄と同盟した
  武田信玄の駿河侵攻に呼応して遠江国の今川領へ侵攻した。

 今川家を攻め遠江国の大部分を獲得した。

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№123三ヶ日町『佐久城』
&【浜名氏と上野国長谷寺】
http://53922401.at.webry.info/201711/article_29.html

箕輪初心:生方▲浜松市三ヶ日町『千頭峯城遠望』&【井伊谷・三ヶ日の歴史】
http://53922401.at.webry.info/201712/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№125愛知県②『宇利城』と【近藤康用・秀用】
http://53922401.at.webry.info/201712/article_4.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№ 126『柿本城』&【鈴木重時→鈴木重好】
http://53922401.at.webry.info/201712/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№127愛知県③『野田城』:菅沼定盈
http://53922401.at.webry.info/201712/article_6.html


・永禄12年(1569) 28歳 掛川城の戦
掛川城に入っていた今川氏真を攻めた。
  今川氏真を降し、遠江国を支配下に置く。
  駿河国に追う。
箕輪初心:生方▲遠江『掛川城』:復元木造天守閣が凄すぎる城
http://53922401.at.webry.info/201610/article_3.html


武田信玄から一方的に同盟を破棄され、遠江国を攻められたこと
 から武田家と敵対関係になった。

・元亀元年(1570)29歳 武田家への防衛強化のため、遠江国の
  引馬城(浜松城)に居城を移した。
  浜松城を築城して居城とする。
 
箕輪初心:生方▲遠江『曳馬城=引馬城(浜松城の前身)』&歴史
http://53922401.at.webry.info/201610/article_6.html

箕輪初心:生方▲遠江『浜松城』:徳川家康が17年住んだ居城&歴史
http://53922401.at.webry.info/201610/article_7.html 
  
  織田信長による越前侵攻に従軍した。
  越前国の朝倉義景攻めに向かうが浅井長政の裏切りにあい退却

  金ヶ崎の戦い 金ヶ崎の退き口
  織田信長による浅井長政への報復戦に従軍した。

箕輪初心●福井「金ヶ崎城」①新田義貞&②木下藤吉郎
https://53922401.at.webry.info/201104/article_21.html
 
 6月28日 姉川の戦い 家康の勝利
 
 志賀の陣で対陣。
   比叡山延暦寺に篭った浅井・朝倉軍と対陣

・元亀3年(1572) 12月22日 三方ヶ原の戦い 31歳
  武田信玄による侵攻(西上作戦)により、三方ヶ原の戦で大敗した
 多くの所領を奪われた。

箕輪初心★小幡一族&熊井土一族&三方原の戦
http://53922401.at.webry.info/201304/article_10.html

箕輪初心:生方▲遠江:『三方ヶ原の戦い』徳川家康VS武田信玄
https://53922401.at.webry.info/201610/article_8.html

箕輪初心:生方▲『夏目吉信』三方ヶ原の戦いで徳川家康の身代わりで討死ス
https://ubu3blog.at.webry.info/201809/article_27.html

箕輪初心:生方▲2017歴史秘話ヒストリア『ヤング家康と徳川四天王の絆』
https://ubu3blog.at.webry.info/201809/article_25.html


・元亀4年(1573)武田信玄の死をきっかけに反撃を開始した。
  所領の奪還を開始する。

・天正元年(1574) 33歳 武田勝頼に、遠江:高天神城を奪われる


・天正3年(1575)長篠の戦い
  鳶ヶ巣の戦い…酒井忠次が大将
  長篠・設楽ガ原の戦い

織田軍の援軍を得て、武田軍に大勝する。

◆◆ 箕輪初心◎長篠の戦い前編 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_25.html

箕輪初心◎長篠の戦い後編:設楽原の激闘&上野国関係者
http://53922401.at.webry.info/201211/article_27.html

◆◆ 箕輪初心●愛知【長篠城】 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_24.html

◆◆ 箕輪初心★【奥平一族は群馬出身】 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_24.html

◆◆ 箕輪初心●愛知【長篠城】=菅沼→奥平の城へ ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№106▲第42話「長篠に立てる柵」
&『設楽が原』
http://53922401.at.webry.info/201710/article_29.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№128愛知県⑤『長篠城2回目』
http://53922401.at.webry.info/201712/article_7.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№129愛知県⑥『武田勝頼の長篠の陣所』
http://53922401.at.webry.info/201712/article_8.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№130愛知県④『設楽ガ原』と「山県昌景の墓」
http://53922401.at.webry.info/201712/article_9.html



 遠江の諏訪原城を攻略

箕輪初心:生方▲遠江【金谷城?→諏訪原城→牧野城】武田・徳川の遺構が残る城
https://53922401.at.webry.info/201610/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№107『43話:恩賞の彼方に』&諏訪原城
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201710/article_30.html


遠江の二俣城を攻略

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№132『二俣城』松井→依田→大久保
http://53922401.at.webry.info/201712/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№132『鳥羽山城』:二俣城攻略の城
http://53922401.at.webry.info/201712/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№134浜松「曳馬城」と「椿姫観音」
http://53922401.at.webry.info/201712/article_15.html

箕輪初心:生方井伊直虎・直政135『46話:悪女について』&二俣城
http://53922401.at.webry.info/201712/article_18.html

・天正4年(1576) 35歳 遠江国の犬居城を攻略


・天正7年(1579)38歳 正室の築山御前と嫡男の松平信康が武田家
  と内通しているとのことから、2人の処刑を信長から命令され、
  築山御前を護送途中に暗殺させ、松平信康を切腹させた。
 (信康事件)
  北条氏と同盟を締結。
 
・天正9年(1581)高天神城の戦い
   武田勝頼から高天神城を奪回した。
遠江回復と駿河獲得が成功した。

箕輪初心:生方▲遠江【高天神城】前編:縄張りが複雑怪奇な凄い山城
http://53922401.at.webry.info/201610/article_2.html

箕輪初心:生方▲遠江【高天神城】後編「本丸→三の丸」
&『歴史:今川→徳川→武田→徳川の城』
http://53922401.at.webry.info/201610/article_4.html

・天正10年 (1582)41歳
2月 信長の甲州侵攻に従軍した
3月11日 武田氏滅亡
  天目山の戦・・・武田勝頼攻めに参陣した。
箕輪初心:生方▲真田丸16【真田の選択&武田勝頼の最後の真偽】
https://53922401.at.webry.info/201601/article_19.html
 
 穴山梅雪の誘降に成功し駿河国へ侵攻した。
 依田信蕃の籠る田中城を攻略した。
織田信長より武田家旧領:駿河国を加増された。

 穴山梅雪を伴い安土城の織田信長を表敬訪問
 戦功によって信長から駿河国を与えられる。

箕輪初心★織田信長⑦安土城から天下取り開始
https://53922401.at.webry.info/201206/article_11.html

箕輪初心●滋賀「安土城&摠見寺&博物館」
https://53922401.at.webry.info/201101/article_12.html

6月2日 本能寺の変 織田信長の死
 
 大坂和泉堺から茶屋清延らの協力の元、(伊賀越え)三河国まで
  かろうじて戻った

箕輪初心:井伊直政№140『本能寺の変~天正壬午の乱~小牧長久手の戦い』
http://53922401.at.webry.info/201712/article_23.html
 


 天正壬午の乱
天正壬午の乱で北条氏直と争ったあと和睦。
  甲斐・信濃国の領有化に成功した。
箕輪初心:生方▲山梨【新府城】:武田勝頼60日の城&出浦盛清
https://53922401.at.webry.info/201504/article_25.html

箕輪初心:生方▲山梨県韮崎市【能見城遠望】&【能穴焼】
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201504/article_26.html

箕輪初心:生方▲山梨【若神子城】武田信玄の信濃攻略の拠点&烽火集積地
https://53922401.at.webry.info/201504/article_29.html

箕輪初心:生方▲山梨【獅子吼城】:徳川家康VS北条氏政
http://53922401.at.webry.info/201505/article_1.html

箕輪初心:生方:▲山梨【谷戸城】甲斐源氏祖:逸見清光の居城
https://53922401.at.webry.info/201505/article_2.html

箕輪初心:井伊直政№140『本能寺の変~天正壬午の乱~小牧長久手の戦い』
http://53922401.at.webry.info/201712/article_23.html


・天正12年(1584)43歳
   2月27日  従三位参議
信長の2男織田信雄の要請を受けた。
  3~4月 小牧・長久手の戦い

決着せず和睦
  2男、於義丸(結城秀康)を羽柴秀吉の養子に送り込んだ
 羽柴秀吉からの再三の上洛命令を拒否しつづけた。
・天正13年(1585)44歳
第1次上田合戦
箕輪初心:生方▲真田丸32【真田昌幸:空城の計&第一次上田合戦】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_4.html

 石川数正の出奔

羽柴(豊臣)秀吉が関白となる

箕輪初心:生方▲井伊直政№141『天正13年(1585)第一次上田合戦~天正17年』
http://53922401.at.webry.info/201712/article_24.html

◆豊臣政権下***********************

・天正14年(1586)羽柴秀吉の懐柔策
    旭姫との結婚
    大政所に見舞いとして岡崎へ・・
    実質的な人質策により・・・

10月27日 大坂城で、豊臣秀吉に臣従

・天正15年(1587)関東・奥羽の惣無事令での監視を任された。
  左近衛大将、および左馬寮御監に叙任された。

・天正17年(1589)「五ヶ国総検地」と称した大規模な検地を断行。

・天正18年(1590) 49歳  豊臣秀吉による小田原侵攻に従軍。


◆関東入封**************************  
  8月1日 徳川領は関八州に移封された。
豊臣秀吉からの関東約240余万石への移封命令に従い、武蔵
   江戸城を居城とする
箕輪初心▲神奈川【小田原城の歴史詳細】:大森氏→北条氏5代
http://53922401.at.webry.info/201411/article_26.html

箕輪初心▲神奈川箱根【早雲寺】:後北条5代の墓
&連歌師:宗祇の碑
http://53922401.at.webry.info/201411/article_27.html

箕輪初心●神奈川【石垣山一夜城】=秀吉の天下統一の城 
http://53922401.at.webry.info/201106/article_18.html

箕輪初心▲神奈川【石垣山一夜城②】豊臣秀吉の天下統一への陣城
http://53922401.at.webry.info/201411/article_29.html

箕輪初心◆『徳川家康の関東移封&家臣配置』復刻版2
http://53922401.at.webry.info/201410/article_36.html

箕輪初心:生方▲井伊直政№142『天正18年山中城攻撃~小田原城攻撃
~箕輪城入城』
http://53922401.at.webry.info/201801/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№110『石垣山一夜城』4回目
http://53922401.at.webry.info/201711/article_8.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№111『北条氏政の墓・八幡山古城東郭』
http://53922401.at.webry.info/201711/article_9.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№112『小田原城』5回目
http://53922401.at.webry.info/201711/article_10.html

・天正19年(1591)豊臣秀次を総大将とした奥州再仕置軍に加わる。

・文禄元~2年(1592-93年)文禄の役
    渡海せず、名護屋城に在陣した。

・慶長元年(1596)豊臣秀吉の推挙により内大臣に叙される。

・慶長3年(1598)五大老の一人に任命される。
   家康57歳の時 豊臣秀吉死没 。

・慶長4年(1599) 58歳 豊臣秀吉の遺命に背き、豊臣家の
  譜代大名らとの婚姻関係を次々と結ぶ。
 
  前田利家や石田三成らから糾弾を受けた。
  前田利家が病没
武断派七将による、石田三成襲撃未遂事件が発生。
 石田三成は失脚
伏見城へ入城
伏見城から大坂城西の丸に移った

前田利長らによる、家康暗殺未遂事件

 加賀国の前田攻めを計画するが、前田利長の母:芳春院(まつ)
 が人質として江戸に下ることで解決(前田家は徳川家の配下に)


 ・慶長5年(1600)
59歳 上杉景勝の謀反を口実に、諸将を率いて会津攻めに向かう
 大坂において、反家康派である石田三成や小西行長らが毛利輝元
  を総大将に担ぎ、旗揚げした
 
  鳥居元忠の守る伏見城が西軍に攻められ落城
小山会議で、大坂へ引き返すことを決定

箕輪初心◆豊臣秀吉の死~徳川家康の小山評定~関ヶ原の戦いへ
http://53922401.at.webry.info/201312/article_14.html

箕輪初心◆豊臣秀吉の死~徳川家康の小山評定~関ヶ原の戦いへ
http://53922401.at.webry.info/201312/article_14.html

箕輪初心●栃木【祇園城=小山城】&小山一族の栄枯盛衰の歴史  
http://53922401.at.webry.info/201312/article_10.html

箕輪初心:生方▲『14代:毛利輝元』関ヶ原の戦いまで
http://53922401.at.webry.info/201512/article_20.html
しかし、徳川家康は小山でこの挟み撃ちの企てを察知し、
上杉討伐を中断した。
★小山評定である。


箕輪初心:生方▲平野明夫編『家康研究の最前線ここまでわかった
「東照神君」の実像』
https://ubu3blog.at.webry.info/201808/article_27.html


 9月15日 関ヶ原の戦い
  関ヶ原合戦の東軍総大将として勝利。

箕輪初心●岐阜:関ヶ原の戦い=天下分け目の合戦
https://53922401.at.webry.info/201109/article_12.html

箕輪初心:生方▲2017映画「関ヶ原」のあらすじと『Myブログ関ヶ原関係』
https://53922401.at.webry.info/201708/article_39.html



◆江戸幕府下*******************
・慶長8年(1603)
 2月12日  淳和奨学両院別当、右大臣に任命。
       征夷大将軍宣下・源氏長者宣下。
10月16日 右大臣辞任 

・慶長10年(1605年)4月16日征夷大将軍辞職・源氏長者は留任
   将軍職を秀忠に譲る。

◆大御所時代********************

・慶長12年(1607)駿府城に移る。

箕輪初心●静岡【駿府城】=徳川家康3回在住の城
http://53922401.at.webry.info/201111/article_21.html

箕輪初心●静岡【駿府城】①徳川家康3回在城~徳川家康の死
http://53922401.at.webry.info/201609/article_42.html

・慶長14年(1609)オランダ使節と会見。
 朱印状による交易と平戸にオランダ東インド会社の商館の開設を許可。

・慶長18年(1613)イギリス東インド会社のジョン・セーリスと
  会見。朱印状による交易と平戸にイギリス商館の開設を許可。

・慶長19年( 1614)   方広寺鐘銘問題。大坂冬の陣へ発展

・慶長19-20年(1614~15年)大坂の冬の陣~夏の陣
   豊臣家を滅ぼした。
  
・元和元年(1615) 大坂夏の陣
  7月17日 禁中並公家諸法度制定
 7月 武家諸法度制定
   一国一城令を制定。
箕輪初心:生方▲真田丸129【46話「砲弾」】&「賤ヶ岳7本槍の動向」
https://53922401.at.webry.info/201611/article_20.html   

箕輪初心:生方▲真田丸130【カルバリン砲は三浦按針が?】
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201611/article_21.html


・元和2年(1616年)
  3月17日  太政大臣
  4月17日駿府城において死去。享年75。

******************************


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント