箕輪初心:生方▲2019戦国真田の岩櫃城探検隊第20弾「吉田智哉先生講演会」

平成29年(2017)続日本100名城(117番)に選定された。
令和元年(2019)10月16日、国指定史跡となった。
令和元年11月4日(月・祝)、午前9:30~午後3:30、戦国
真田の岩櫃城跡探検隊の第20弾企画が開催されるとのお知らせが
根津事務局長から届いた。「吉田智哉先生講演会」かあ。行こっと。
戦国真田の岩櫃城跡探検隊 第二十弾!!「じっくり聞きたい 発掘担
当者に聞く、岩櫃新事実!」★発掘調査には2回行ってるし、・・
吉田先生、掲載許可、ありがとうございます。
20191103iwagituzyou.jpg


09:00 高崎出発・・・榛名湖
10:10 群馬県吾妻郡東吾妻町原町4399
   「フォレストリゾート コ二ファーいわびつ」
 参加費は、大人¥2000・・・
 講演会・昼飯・午後の岩櫃城跡or柳沢城跡かあ
 あざみの会事務局  fax 0279-67-3127
20191104yosida092.JPG

●東吾妻町教育委員会の吉田智哉先生の講演『調査と発掘で明らか
になった岩櫃城、残された謎・・』
20191104yosida001.JPG
参加費2000円を払うと、・・・
20191104yosida003.JPG



【0】プロロープ「産経新聞」
1)令和元年6月21日、文化審議会文化財審議会から答申
もちろん、文科省への具体的な申請書は吉田智哉先生が書いた。
 もちろん、提案も吉田智哉先生が行った。
①遺構の残存状況が良好→保存への努力
 ②調査による遺跡の年代的な価値
③価値の把握(特殊性・共通性)


箕輪初心:生方補足「産経新聞」~~~~~~~~~~~~~~~
国の文化審議会は東吾妻町の岩櫃城跡(いわびつじょうあと)
(指定面積約21万2500平方m)を国指定史跡に新たに
指定するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。
 ★吉田先生「城域はもっと広い。」
 岩櫃城は平成28年に放映されたNHK大河ドラマ「真田丸」の
舞台としても知られる。町は国指定史跡になるのを契機に、知名度
の高さを生かし、歴史観光の目玉として活用する考えだ。
(産経新聞:柳原一哉)
岩櫃城は戦国時代から江戸時代初期の城である。武田氏の時代に、
越後の上杉氏に対する前線基地となり、その後は真田氏の領国経営
の要として機能した。岩櫃山の中腹約600mに立地する本丸を中
心に多くの曲輪や竪堀などを配置し、城下町にも巨大な土塁などを
巡らして防御性を高めている特徴がある。


2)令和元年10月16日、官報号外第139号掲示→国指定史跡



吉田智哉先生のプロファイル
20191104yosida005.JPG



【1】岩櫃城の概要
1)立地
①岩櫃山802mの北東~東に延びる尾根に四方の占地。
 (山頂は含まない。標高600mから下・・・)
尾根の西から本丸・二ノ丸・中城・出浦などが続き、北東に出丸の
 「天狗丸」がある。
 西には志摩曲輪がある。
20191104yosida013.JPG

 ②郷原城・古谷館(潜龍院)
20191104yosida071.JPG
箕輪初心:補足「要害性」
  北東には川を挟んで支城柳沢城(観音山城)が位置している。
稲荷城(大野氏館?)もある。
対岸に支城:川戸城・山の固(小)屋城がある。
 吾妻川の西岸にあたる。
 西は岩櫃山、南は吾妻川へ下る急斜面、
 北は岩山で天然の要害となっている。


※【上州我妻郡岩櫃古城之図】(長野県立博物館所蔵)
20191104yosida065.JPG
山頂には城域に含まれていない。
20191104yosida067.JPG

2)歴史
①岩櫃城の築城年代は不明である。
鎌倉時代、吾妻太郎助亮によって築城されたと伝わる。

箕輪初心補足
  助亮系の吾妻氏(前期吾妻氏)→下河辺氏(武蔵春日部市
   付近)の末裔とされる吾妻氏(後期吾妻氏)が支配
 南北朝時代に吾妻氏が築城したとの伝承もある。
南朝方の攻撃で当主:吾妻行盛が戦死した。
  子・千王丸は飽間(秋間)斎藤氏の斎藤梢基に庇護され、
  山内上杉氏の偏諱を受け斎藤憲行と名乗った
飽間斉藤氏は武蔵出身の上杉氏被官・・・・
 →伝説の域を出ない。第一次史料がない。
 
②確実な史料
20191104yosida010.JPG
 斉藤氏→武田氏→真田氏
(これは納得しがたい。真田氏は武田の家臣だから、・・)
※斉藤氏支配に異説あり
 
 ・永禄7年(1564)北条氏康書状
「各至岩櫃御□山由・・・」
・永禄7年(1564)武田信玄書状
「岩下之人質悉執之」
・永禄8年(1565)小山田信有書状
「岩下城普請」

 ・慶長19年(1614)頃、真田信之朱印状写
   真田信之が岩櫃城を破却した。

  平川戸から原町(現東吾妻町原町)に城下町を移し
  陣屋を置いた。
「岩櫃城の出浦」から城代出浦昌相の屋敷も移転している。
→岩櫃城の機能停止。

3)岩櫃城の重要性
 ①武田にとって
②上杉にとって
③北条にとって

4)地区区分
①要害地区・・・本丸・二ノ丸・中城・出浦などが続き、北東
   に出丸の「天狗丸」がある。西には「志摩曲輪」がある。
②北側遺構群・・平沢曲輪群
 ③城下町・・・平川戸
 ④新井地区・・現在のため池の周りのひらば
 ⑤支城網・・・柳沢城・郷原城・古谷館(潜龍院)
20191104yosida069.JPG

箕輪初心:補足「要害性」
 北東には川を挟んで支城柳沢城(観音山城)が位置している。
 東麓に稲荷城
対岸に支城:川戸城・山の固(小)屋城がある。


5)斉藤慎一先生作成地図
20191104yosida068.JPG 

6)赤色立地地図
20191104yosida024.JPG
20191104yosida027.JPG
20191104yosida029.JPG
20191104yosida070.JPG


7)国指定史跡を目指して
20191104yosida031.JPG
20191104yosida032.JPG
20191104yosida038.JPG
20191104yosida033.JPG
20191104yosida034.JPG

【2】【岩櫃城跡総合調査報告書】
※東吾妻町埋蔵文化財発掘調査報告書第25集
  東吾妻町指定史跡『岩櫃城跡総合調査報告書』
  販売場所:東吾妻町中央公民館
  (〒377-0801 群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町1117-1 
   電話 0279-68-2412 FAX 0279-68-3417)
   東吾妻町教育委員会社会教育課文化財保護係
  (〒377-0892群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町1046 
   電話 0279-68-2111 FAX 0279-68-2199)
  販売価格: 2,500円
★吉田先生に送っていただくことになった。
1)発掘調査
20191104yosida036.JPG

20191104yosida074.JPG

20191104yosida042.JPG
20191104yosida076.JPG

結果・・・至る所、薬研堀
20191104yosida051.JPG

箕輪初心補足
 ベージュの粘土質のなので、特別な薬研堀となる。


2)出土品
20191104yosida057.JPG
吉田先生の偉大な面は出土品の比較
 特徴をつかむには、相違点を見いだすこと。
 信濃型内耳土器・・・岩櫃城くらいしかない。武田系。
20191104yosida060.JPG




3)城と聖地
20191104yosida082.JPG
中世学研究会第3回シンポジウム「城と聖地―信仰の場と政治性―」
2019年7月6日(土)~7日(日)
場 所:上智大学(東京都千代田区紀尾井町7-1)
6日 13時~
問題提起 中澤克昭氏(上智大学)
「中世前期の武士団と霊場」高橋修氏(茨城大学)
「中世山城と山岳霊場」岡寺良氏(九州歴史資料館)
「戦国山城の成立と構造」齋藤慎一氏(江戸東京博物館)
懇親会
7日 9時30分~
「信長の神格化と聖地安土城をめぐって」山下立氏(安土城考古博物館)
「近世東アジアにおける城と聖地」井上智勝氏(埼玉大学)
「守護・戦国大名の居城と聖地」中井均氏(滋賀県立大学)
討論会
司会 村木二郎氏(国立歴史民俗博物館)
吉田先生はこのシンポジウムに行かれたらしい。
 齋藤慎一は岩櫃城の地図を2年がかりで作成した。

20191104yosida086.JPG


4)今後の課題
20191104yosida087.JPG




★吉田先生と少し話した。

②小田原城八幡山発掘調査・・・後北条時代の城跡
 「私も行きました。出土品を見てきました。」
①高天神城2の丸の発掘調査・・・
をしたとおっしゃったので、びっくり、・・・
 「行ってきました。4時間かけて回りました。」

③二俣城・鳥羽山城(静岡)にも行ったって。
「私も行きました。・・・」
④大学院での専門は浅草寺の調査、・・
 「鎌倉時代の・・調査ですか?、・・・」
⑤陶磁器が専門だって、・・・なるほどねえ。
 「私も陶芸40年、・・・


【3】コニファーいわびつの展示パネル
発掘調査の経緯・・・吉田先生作成パネル
20191104yosida096.JPG
20191104yosida097.JPG
20191104yosida098.JPG
20191104yosida099.JPG
20191104yosida100.JPG

【4】岩櫃城の見物




箕輪初心:生方▲真田丸12【第12弾:戦国真田の岩櫃城跡探検隊】
https://53922401.at.webry.info/201601/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸134「戦国真田の岩櫃城跡探検隊第14弾」:古谷地区
https://53922401.at.webry.info/201612/article_13.html

箕輪初心:生方▲20190914『東吾妻ふるさと祭』前編:渡さん、
盛り上がったね。
https://ubu3blog.at.webry.info/201909/article_19.html





~~~2016年【真田丸シリーズ】~~~~~~~~~~~
箕輪初心:生方▲箕輪城№183真田丸1【真田幸綱・昌幸・幸繁
と箕輪城との関わり】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_3.html

箕輪初心:生方★【真田丸2】:実田の出自→真田幸綱(幸隆)の生涯
http://53922401.at.webry.info/201510/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸3【真田本城】新名所:堺&長沢の腰掛け椅子
http://53922401.at.webry.info/201601/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田丸4【真田氏館&真田氏歴史館】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸5【真田長谷寺】真田幸綱・正妻:河原隆正妹
・真田昌幸の墓
http://53922401.at.webry.info/201601/article_7.html

箕輪初心:生方▲真田丸6【生島足島神社】武田信玄の起請文
・真田信之の起請文
http://53922401.at.webry.info/201601/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_9.html

箕輪初心:生方▲真田丸8『産経新聞記事』:大河「真田丸」群馬の歴史発信
http://53922401.at.webry.info/201601/article_10.html

箕輪初心:生方★真田丸9【真田幸綱(幸隆)の3人の妻】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_12.html

箕輪初心:生方★真田丸10【真田昌幸の生涯4-①:誕生~19歳:
父と上野吾妻侵攻】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_13.html

箕輪初心:生方★真田丸11【真田昌幸4-②17歳?箕輪城攻撃
~27歳父:幸隆死亡】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_14.html

~~~★真田3代~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
箕輪初心●「滋野一族→海野一族の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201111/article_25.html

箕輪初心●真田3代①「実田→真田幸隆の出自
http://53922401.at.webry.info/201111/article_26.html

箕輪初心●真田3代②幸隆の箕輪城居候1541~旧領奪回1551
http://53922401.at.webry.info/201111/article_27.html

箕輪初心●真田3代③『川中島の戦い&真田の上野国進出』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_28.html

箕輪初心●真田3代④『真田信綱→真田昌幸の時代』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_29.html

箕輪初心●真田3代⑤『5回主家を変えた真田昌幸』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_30.html

箕輪初心●真田3代⑥『小田原攻撃~第2次上田戦争
~大阪の陣』
http://53922401.at.webry.info/201112/article_1.html




★明日は

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント