テーマ:読書

箕輪初心:生方▲後藤允『尾瀬―山小屋三代の記』&【尾瀬ブログ一覧】

★尾瀬には45回行っている。至仏山の登山・山スキーで10回、 燧ヶ岳は2回、景鶴山は1回、皿伏山1回である。残りが尾瀬ヶ原、 尾瀬沼周辺散策となる。宿泊は3回しかない。長蔵小屋には泊まっ ていない。飯だけたべた。 ★平成アマゾンで『尾瀬―山小屋三代の記』を購入した。 (岩波新書、1984年第1刷発行) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲小泉武栄『登山の誕生』終章と【My登山ブログ】

 【4】終章 現代登山を考える******************* 第1節 登山大国日本********************* p195 戦後、登山者が急増した。大衆登山になった。 理由…①歩いて登れる。②植物が美しい。     (涸沢) 第2節 ブームの変遷*********************  19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲小泉武栄『登山の誕生』第3章/第4章「日本の登山の歴史」

サブテーマは「~人はなぜ山に登るようになったのか~ 」(中公新書) である。  (尾瀬燧ヶ岳山頂から尾瀬沼を望む) *************************** 第3章 山と日本人 第1節 縄文人 課題「日本人は登山をいつはじめたのか?」 1)藤森研究  ①編笠山の山頂付近の黒曜石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方◆『銃・病原菌・鉄』第18章~の要約等と【海外旅行ブログ一覧】

第18章 旧世界と新世界の遭遇 課題「ヨーロッパ人がを征服したが、その逆は何故起こらなかったか?」 P272:A①16Cアメリカ先住民の食料生産は1種:ラマ・アルパカが家畜 と飼われて いたが、耕す・運ぶなどの動力源ではなかった。 鳥や小動物は飼われていた。一部の土地で農業が行われていた。 P277:A②食料生産の違い→技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方◆ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』1章~6章要約等

【0】プロローグ P28「人類の歴史は、征服と疫病と殺戮の歴史である。」 例、反勢力…メキシコ、ペルー、ニューカレドニア、旧ソビエト、    インドネシア 例、復活不能勢力…ハワイ、アボリジニー、・・・諸先住民 反対意見  ①先住民にたいする一民族支配の経路が不明  ②欧米中心の考え方  ③狩猟採集民を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more