テーマ:偉人

箕輪初心:生方▲【ハプスブルク家と音楽】「音楽の都:ウィーン」

オーストリアのウィーンには5回行っている。オーストリアスキー は2回行った。ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団で「大学 祝典序曲」(当時、音楽師匠の大学の同級生がいた。佐渡裕は2015 年 ~)など、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で「第9: 合唱つき」、ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団「美しき 青きドナウ」などを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲山中さゆり氏講演会『真田信之』&真田ブログ一覧

山中さゆり氏(真田宝物館学芸員)講演会「真田昌幸」は5分 前に、行ったが満席で聞けなかった。残念だった。「信濃」と 歴史論文で時々見かける大先生である。 レジュメだけ、いただいた。真田昌幸の長男は真田信之、次男 は真田信繁(幸村)である。沼田とゆかりの深い武将である。 群馬女子大の柳瀬先生と里見郷の会事務局中嶋さんと話した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲竹井英文先生講演会「『吉政覚書』井伊直政家臣:里見義政の生涯」に感謝して

令和元年(2016) 11月16日、竹井英文先生の『里見吉政の覚書』の講演会を 拝聴させていただいた。私は現在、天正18年(1590)井伊直政の上野国関係の 25名+αの武将が分かっている。井伊直政家臣の里見義政について も『新修彦根市史』・『侍中由緒帳』で知っていた。講演会 も行く前から興味があった。『里見吉政の覚書』には井伊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019竹井英文先生講演会『戦国の「名もなき武士」里見吉政・・』レジュメ

令和元年(2016) 11月16日、竹井英文先生の『里見吉政の覚書』の講演会を 拝聴させていただいた。私は現在、天正18年(1590)井伊直政の上野国関係の 25名+αの武将が分かっている。井伊直政家臣の里見義政について も『新修彦根市史』・『侍中由緒帳』で知っていた。講演会 も行く前から興味があった。『里見吉政の覚書』には井伊…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019『伊達政宗』&【政宗ブログ一覧復刻版】

箕輪初心:生方▲2019『伊達政宗』&「伊達政宗ブログ一覧復刻版」 伊達氏は関東武士(下野)の末裔で源頼朝の奥州合戦で功を立てて 伊達郡に封じられた。鎌倉時代から陸奥国伊達郡(現福島県伊達市 と福島県伊達郡、福島市の一部)を中心に勢力を拡大した。 戦国時代、伊達政宗は常陸の佐竹義重や会津の蘆名盛氏らに勝利し、 奥羽の南半分を征…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019『支倉常長と慶長遣欧使節』復刻版

平成13年(2001) 12月23日(日)に私(=箕輪初心)はメキ シコに行った。メキシコシティで支倉常長が泊まっていた青タイ ルの家ホテル、支倉常長が洗礼を受けた教会に行った。 令和元年(2019)09月18日、 TV での 「支倉常長の像や絵」の事をやっていた。 支倉常長像は ①宮城県石巻市の月の浦港 ②メキシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲歴史秘話ヒストリア『信長より20年早かった「天下人」三好長慶』

NHK歴史秘話ヒストリアは自動録画されている。月額2500円分を 見なくちゃ。「三好長慶」は江戸時代初期までは評価されていたけ れど、江戸時代中期、頼山陽『日本外史』がブームになった頃から 評価が下がり扱われず、織田信長の評価は上がっていったらしい。 「三好長慶」は戦後の歴史教育の中でまず扱われない。何故 か?小学校6年生の担…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲歴史秘話ヒストリア『世にもマジメな魔王:織田信長』の疑問?

平成31年(2019)4月3日 NHK総合 「歴史秘話ヒストリア」 は『世にもマジメな魔王 織田信長 最新研究が語る英雄の 真実』であった。紹介のHpには「室町幕府を倒し、新時代を 切り開いた戦国の革命児」という織田信長のイメージが覆され 始めている。実は、信長は最後の室町将軍・足利義昭の政権維持 のために懸命に奔走した、真面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019歴史秘話ヒストリア『駿府城大発掘!家康VS秀吉』&My家康ブログ一覧

令和元年(2019)10月09日 (水)歴史ヒストリアが録画されていた。 解説「駿府城で見つかった秀吉の金箔瓦…世間を驚かせたのは大量 の金箔瓦の出土である。当初は家康が建造した城のものだと考えら れたのだが、周囲の石垣は戦国期のものであって年代が合わないこ とが明らかとなった。実はこれは秀吉が築いた駿府城のものだとい うので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019【金箔瓦の城】&歴史秘話ヒストリア『駿府城大発掘!家康VS秀吉』

「令和元年(2019)10月12日(土)予想される最大瞬間風速東海地方、関 東甲信地方は60m」★12日(土)の12:00~13日(日)06:00恐いよう。 我が家の建坪75坪が大打撃を受けるのかな。ガムテープも焼け石か。 令和元年(2019)10月09日 (水)歴史ヒストリアが録画されていた。 解説「駿府城で見つかった秀吉の金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019映画『引っ越し大名』起承転結

江戸時代の「国替=転封」「武家社会の上下関係」は現代の「転勤 =引っ越し」・「上司からのパワハラ」・「リストラ」などがテー マであろう。頭を良さを生かしていく星野源・豪快な殺陣を見せ る高橋一生、馬を駆るたくましさと未亡人の色気を漂わせる高 畑充希・・・★私は高畑充希が美人だと思わないので、石原さと みになら、ぴったし役だと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019あだち充の漫画②『MIX』明青校舎のモデルは旧前商校舎

あだち充は群馬県伊勢崎出身で前橋商業高等学校卒業。 『MIX』(ミックス)は『タッチ』から約30年後の明青学園の話 である。明青学園の校舎は前橋商業高等学校・・・ 現在、明青学園の野球部に低迷している。名門復活をかけて・・・ 同学年の義兄弟:ピッチャー立花投馬・キャッチャー:立花走一郎は 明青学園の野球部に入部した。立花家は明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019あだち充の漫画①「ナイン」⇒「みゆき」⇒「タッチ」⇒「H2」

あだち充は群馬県伊勢崎出身で、前橋商業高等学校卒業の漫画家で ある。「ナイン」⇒「みゆき」⇒「タッチ」⇒「H2」⇒「Mix」 など、甲子園出場を目指す漫画も描いている。コミックを何度 も読み返している。登場人物の絵がよくにているが、面白し ろい。★画像は無料画像から頂戴いたしました。ありがとう ございます。箕郷温泉「まねきの湯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019西伊豆ダイビング旅行10-⑧温泉№29「土肥温泉」&若山牧水

8月5日、①大瀬崎ダイビング2本⇒土肥矢木沢温泉泊、 8月6日、②黄金崎ダイビング3本⇒土肥温泉「明治館」泊、 「明治館」の豪華な夕食&缶ビール1本・日本酒4合、温泉 20時30分、ダウン・・・翌朝、6 時、若山牧水と土肥で泊 まった宿、土肥城に思いをはせ、散歩。朝風呂、朝食・・・ 女将さんが40分早く作って下さった。女将さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019西伊豆ダイビング旅行10-⑥温泉№28「土肥八木沢温泉」

令和元年(2019)8月5日、伊豆旅行で決まっているは宿泊の土肥 八木沢温泉「おもひで野 じんで」だけである。4回目の伊豆長 浜城に登った。平沢マリンセンター・大瀬崎のダイブショップで 6ショップに断られ、なんとか7つ目で大瀬崎ダイビング2本、 潜らせていただいた。帰りに戸田温泉の「公衆浴場」に入った。 土肥温泉中心街から4k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№100≪沖野岩三郎「ゆごとり」『伊香保めぐり』≫

沖野岩三郎は和歌山県出身の牧師であり、大逆事件を小説に著 した作家。若者に人気の軽井沢「浅間高原教会」を設立した人 物である。沖野岩三郎「ゆごとり」『伊香保めぐり』には、大正 7年、伊香保を進められたが、「伊香保行きもいいが、先ァ日光 にへ行って見やうじゃないか、日光は今紅葉だ盛りだよ。」・・・ 「徳川家康公に全てを費やした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№99≪青柳有美『伊香保の語源考』≫

伊香保はなぜ「イカホ」と称はれるやうになったのだろうか? 吉田博士の『大日本地名字彙(い)』には「イカメシキイハホ」 のつまった音が「イカホ」に成ったのではあるまいか、なぞと の説を載せているが、「イカメシキイハホ」は「イカホ」の三 音につまるべく余りに長すぎる。しかし、「イカホ」なる地名が 其の土地付近の山獄に関係あることだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№97≪藤森成吉T2頃「山の一夜」『伊香保みやげ』≫

「伊香保へは、私は今までにタダ一度切り行った事が無い。 それも自分で特別に遊びに行くつもりで」行ったと云ふ訳 では無く、丁度大学へ入ったばかしの年の秋に、文科の秋 遠足にの中に加はつて一晩泊まりの旅行をしただけである。」 (★某TVの画像 ◆藤森 成吉(1892年8月28日~ 1977年5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№96≪大町桂月M41石坂旅館「伊香保と榛名」≫

大町桂月は明治41年(1908)伊香保温泉に来て、石坂旅館に泊ま った。翌日、榛名湖⇒榛名神社・社家町で酒の飲み、榛名湖⇒ 伊香保に戻った。「伊香保みやげ」にはないが、水沢寺⇒伊香保 ⇒草津⇒四万⇒・・・赤城山?・・片品・・・日光・・十和田へ ★大町桂月終生、酒と旅を愛し、「酒仙」とも「山水開眼の士」 とも称された。若山牧水と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№94≪笹川臨風『榛名湖』≫

笹川臨風が「榛名湖」を執筆したので、伊香保温泉に来たのは 確実である。しかし、伊香保温泉にいつ来たかは不明である。 「伊香保の勝は榛名湖である。伊香保から榛名湖を除き去ったら 霊泉以外に観るものとては殆どなかろう。…(略)… 明るく陽気なところが此湖の特色で、男性的に光風晴月のとこ ろが又なく善い。琵琶湖ほど風光明媚ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№83前田夕暮T4・T6「榛名赤城の歌(抄)」

大正4年8月、義弟栢野文一(信乃の弟)と同伴、榛名赤城に 遊んだ。 大正6年(1917)萩原朔太郎は前田夕暮と室生犀星と一緒に伊香保 に行った。萩原朔太郎は谷崎潤一郎と初めて会った。 【1】前田夕暮「榛名赤城の歌(抄)」大正4年8月  すずらんの花、スズランの花、そこここに霧しろきなかになびき あひにけり。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№93≪田山花袋T7・S2≫『雪の伊香保』&「温泉めぐり」

田山花袋(1871~1930)は自然主義の小説家として知られる文豪、 『蒲団』や『田舎教師』など代表となる小説を発表し、作家として の地位を確立した後も、全国各地の温泉をめぐり、多くの紀行文を 発表している。特に大正時代に発表した『温泉めぐり』や『温泉周 遊』は、田山花袋のベストセラーとして、現在でも私のような温泉 ファンに読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№91≪馬場孤蝶M30頃千明仁泉亭≫「伊香保の二日」

「伊香保には唯った一度行ったことがある。それは最早22~3 年前の夏のことで、確か7月頃であった。その自分は高崎及び前 橋かの両方から鉄道馬車が渋川まで通じているのみであった。そ の馬車鉄道なるものが、東京のよりはずっと小形の馬1匹で轢く 藻のであったことを覚えている。・・・渋川からはさし引きの人 力車でのぼった。…千明の楼上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№90≪徳田秋声T?「山上にて」≫&山田順子の男遍歴

①徳田秋声「山上にて」 「その日は82~3度の暑さであった。~~~~  草津に行 くはずが・・・その夜、伊香保に泊まることになっ  た一人の英国人と車窓から見える山々の話や・・・・ 街を見下ろすような高い場所に・・・  ★たぶん、「紅葉」か「楽山園=凌雲閣」だろう。 ②徳田秋聲(1871~1943)は、尾崎紅葉の門下を経て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№89≪芥川龍之介T2≫龍之介をめぐる女性達と龍之介の墓

『伊香保みやげ』から推測すると、芥川龍之介は大正2年(1913) 頃、友達と伊香保に来たことになる。書簡から「6月に2度目 の赤城旅行のあと、伊香保に2泊し、風呂に6回入った」とある。 (★土屋文明記念文学館企画展「榛名・伊香保の文学」) 「伊香保の事を書けと云ふ命令である。が、遺憾ながら伊香保へは、 高等学校時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№88≪幸田露伴T8?≫「伊香保みやげ」

「序」 幸田道人(幸田露伴) ①段落 「温泉の効能が、其の泉質に本づくことは勿論である。   …(中略)…そして、其の吸収から薬物的効果を惹起する    のである。」  と一般論として解説する。 ②段落「併し、温泉が益するのは、・・・・」 ③段落「又、それのみでは無い。温泉地のあるやうな地は大抵 都会や平野では無くて・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№86≪岩野泡鳴M40?≫私小説と青鞜社不倫は女の権利?

明治39年(1906)妻子ある岩野泡鳴は日光の温泉芸者:吉弥と のH関係を私小説として『耽溺』を書いた。 明治40年(1907)頃、岩野泡鳴は伊香保温泉にやって来たようだ。 岩野泡鳴は「神秘的半獣主義」を提唱し、欲望の赴くままに女性 と関係する生活で、愛人:増田しも江が自殺未遂を起こすと小説 『毒薬を飲む女』のネタにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2019温泉№26『老神温泉:仙境』と老神温泉一覧&栗生顕友・新田義宗

令和元年(2019)7月17日、暇つぶしに尾瀬:大江湿原に行 った。本当は尾瀬がおまけ+老神温泉はメインなのだ。年々 外に出るのが億劫になる自分への励ましなのだ。老神観光セ ンター「湯めぐり券」1500円を購入し、老神温泉「仙境」に 入った。いい風呂だった。でも、車の中で冷えて関節痛・筋 肉痛になった。現在、 老神温泉は17の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№85-③≪竹久夢二T8/T9≫『竹久夢二伊香保記念館』3回目

●大正8年(1919)竹久夢二が初めて伊香保を訪れたのは、伊香保 在住の松沢(加藤)ミドリさん12歳の手紙から8年後だった。 『橋本ホテル』・『木暮旅館』などに泊まった。 ★(『竹久夢二伊香保記念館』年表) ●大正9年(1920)竹久夢二を支えた最愛の女性・笠井彦乃が死んだ。 彦乃は満23歳、夢二は35歳だった。 竹久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№85-②≪竹久夢二T8/T9≫『夢二の作品を見た場所』等

【1】竹久夢二と群馬 ●大正8年(1919)竹久夢二が初めて伊香保を訪れたのは、伊香保 在住の松沢(加藤)ミドリさん12歳の手紙から8年後だった。 『橋本ホテル』・『木暮旅館』などに泊まった。 ★(『竹久夢二伊香保記念館』年表) ●大正9年(1920)竹久夢二を支えた最愛の女性・笠井彦乃が死んだ。 彦乃は満23歳、夢二は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more