テーマ:陶芸・絵画・音楽・文学

箕輪初心:生方▲2019年浜松②気賀の野島青茲生家「吉野屋」&③細江神社&④博物館

平成30年(2019)4月16日・17日西原先生・柳沢先生と3人で 浜松井伊谷に行った。『縣居神社&賀茂真淵記念館』⇒気賀の野島 青茲生家「吉野屋」⇒③細江神社⇒④『浜松市姫街道と銅鐸の歴史 民俗資料館』に行った。 箕輪初心:生方▲2019年浜松①『縣居神社&賀茂真淵記念館』 https://ubu3blog.at.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№83前田夕暮T4・T6「榛名赤城の歌(抄)」

大正6年(1917)萩原朔太郎は前田夕暮と室生犀星と一緒に伊香保に行 って、萩原朔太郎は谷崎潤一郎と初めて会った。 【1】前田夕暮「榛名赤城の歌(抄)」  すずらんの花、スズランの花、そこここに霧しろきなかになびき あひにけり。  大正四年八月、、義弟栢野文一(信乃の弟)と同伴、榛名赤城に 遊んだ。八月のはじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№81『萩原朔太郎』石段上りの街・榛名冨士

萩原朔太郎は明治19年(1886)11月1日、群馬県東群馬郡北曲輪町 (現前橋市千代田町一丁目)に、開業医の父・密蔵と母・ケイの長 子として生まれた。明治26年(1893)群馬県師範学校附属小学校に 入学。明治33年(1900)旧制県立前橋中学校(現群馬県立前橋高等 学校)入学。★朔太郎は子どもの頃から、伊香保温泉に行っていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方:2019年3月東京②六本木ヒルズ森アートビジターセンター「北斎展」

3月2日は「東京室町2の「北海道厚岸」で1人で誕生祝いをした。中 仙道の逆コースを行く。六本木ヒルズの森アートビジターセンターで 「北斎展」に行った。「何?、 普通に当日券購入で40~50分、待ち 時間が30分~40分?」と大都会の混雑に悲鳴をあげてしまった。こ れが東京なんだ。早く入るには、ローソンで前売りを買って40分待ち …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№79≪与謝野晶子T4 千明仁泉亭≫「石段街」『伊香保の街』

与謝野晶子(1878 ~1942)は群馬の温泉に造詣が深く、草津温泉・ 猿ヶ京温泉・水上温泉・湯桧曽温泉などに宿泊している。大正4年 (1915) 伊香保温「千明仁泉亭」に宿泊し、「石段街」『伊香保の街』 を書いた。。昭和55年(1980)に天正以来の大改築工事が5年にかけて 行なわれ、温泉街の中心「石段街」に与謝野晶子の『伊香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№78≪大町桂月M41石坂旅館≫「榛名山」『関東の山水』

草津温泉の湯畑の石柱には『大町桂月 明治41年(1908)随筆家』 とあり、草津温泉観光協会の本やHpに『明治41年(1908)晩秋  大町桂月が「関東の山水」「雪の草津」を著した。』とあった。 「関東の山水」の第5章P205からは「上州の山水」である。 明治41年(1908)10月下旬 大町桂月は東京の家を出て、群馬 県の赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№77≪長塚節M41「濃霧の歌」≫榛名山

明治四41年(1908)9月1日、上州松井田の宿より村閭の間を求 めて榛名山を越ゆ、湖畔を傳ひて所謂榛原の平を過ぐるにたまたま 濃霧の來り襲ふに逢ひければ乃ち此の歌を作る。長塚節は榛名山で 15の短歌を詠んだ。  (長塚節は濃霧の榛名山だった。) 箕輪初心◆茨城常総市【疑似豊田城】&長塚節の生涯 http://5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲「安中ふるさと学習館」と温泉№1『磯部温泉:桜や作右衛門』

磯部駅前ら正面を下っていき、左折すると温泉街である。 「煎餅通り」と呼ばれてる通りの廻りにホテル・旅館は点在する。 鉱泉橋近くには足湯:温泉マーク発祥の地・一覧案内板がある。 碓氷川に架かる愛妻橋・鉱泉橋からは妙義山を展望できる。 かつて私の職場は松井田3年間であった。磯部温泉街を通って通 った。また、その後、安中に3年間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲安中市ふるさと学習館『自性寺焼青木昇門下作陶展』私も出品

平成30年(2018)12月1日(土)~平成31年(2019)2月25日(月) 安中市ふるさと学習館で“安中焼” “自性寺焼(含青木昇先生)” を中心に、古代から現代までの安中市内で焼かれた瓦や陶器などを 展示している。平成31年(2019)2月3日 安中市ふるさと学習館企 画展「安中のやきもの 秋間古窯跡群から自性寺焼へ」を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲安中市ふるさと学習館『安中のやきもの 秋間古窯跡群から自性寺焼へ』

平成30年12月1日(土)~平成31年2月25日(月)安中市ふるさと 学習館で“安中焼” “自性寺焼”を中心に、古代から現代までの安中 市内で焼かれた瓦や陶器などのやきものを展示している。 平成31年(2019)2月3日 安中市ふるさと学習館企画展「安中のやき もの 秋間古窯跡群から自性寺焼へ」を見にいった。青木昇先生にお会 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№72≪徳冨蘆花M31?『千明仁泉亭』≫「不如帰と大山捨松」

徳富蘆花は 伊香保が大好きで、「『千明仁泉亭』を常宿にして、10回 訪れている」と聞いたが、Hpに「5回」離れで書いたとあった。 新島襄が『千明仁泉亭』で病気療養のため、新島八重と来ていたが、 弟子の徳冨蘆花は新島襄の死んだ大磯の百足屋には行けなかった。 徳富蘆花は伊香保『千明仁泉亭』での出世作「不如帰(ほととぎす)」 を書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№71≪松根東洋城M38「伊香保雑詠」12句≫柳原白蓮

・明治38年(1905)松根東洋城は伊香保に泊まり、榛名にも出かけた。 「伊香保雑詠」として、12句を詠んだ。13句目が関所跡のすぐ下 の公園=旧ハワイ王国公使別邸観山荘の池畔に石碑が昭和24年 に造られた。松根東洋城も柳原白蓮も恋多き方だったようだね。 そして、俳句の世界も派閥争・・・松根東洋城VS高浜虚子VS河東 碧梧桐・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保番外編70TV「マルハンさんのCM」&テレビ埼玉JOYnt![SP]

① 2018年10月1日よりオンエアされている「マルハンさん」 のCMの撮影場所は「伊香保温泉」だった。ハリウッドスターの 「ジャン・レノ」が書き初めをし、伊香保石段街に・・・ ②2019年1月16日テレビ埼玉JOYnt![SP]『伊香保でギャグを?』 ★○○○丸出しはお笑い芸人とはいえ、最後がえげつなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№70≪山口寒水M36≫渋川市出身『氷採人夫』

山口寒村は渋川市の石原出身である。明治36年、伊香保にやってきて、 山口寒水は「氷採人夫(こほりきりにんぷ)」を著した。 山口寒水著「氷採人夫(こほりきりにんぷ)が掲載されている資料は 『群馬文学全集 17 群馬の作家』p190-193(群馬県立土屋文明記念 文学館 2002) 山口寒水「氷採人夫(こほりきりにんぷ)」である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№61≪夏目漱石の憧れ:大塚楠緒子M27≫『湯の香38』

大塚楠緒子は夏目漱石の憧れの人だった。明治27年(1894)漱石は 小屋保治を伊香保に呼び出した。その後、漱石は失恋のショックか? 松島にいったり、鎌倉で禅を組んだりした。明治28年(1895)3月 大塚楠緒子は小屋保治と結婚した。漱石は披露宴に出た。松山に・・ 大塚楠緒子『露』は伊香保が舞台になっている。『露』は『万朝報』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№57≪小沢如風:M22≫&「伊香保・榛名ブログ途中経過一覧」

・明治22年(1889)2月25日 『小沢如風編輯 温泉のみやげ』の 中で、伊香保温泉を取り上げている。(『伊香保温泉誌』)とあった が、内容は不明である。 (★群馬名物:焼きまんじゅう) ◆小沢如風の情報********************* ・明治15年8月25日 『小学植物教授書』   (★群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方◎高崎№54農大二高BB『第61回演奏会』&55『高橋貞春コンサート』凄え

平成30年(2018)12月22日、東京農業大学第二高等学校吹奏楽部 『第61回定期演奏会』を聴いた。隣の家のMちゃんが出場する からである。また、夏の樋口先生が凄かったかったからである。 平成30年(2018)12月24日『高橋貞春ふるさとコンサート』で 『みどり会の合唱』と『高橋貞春先生のCla.クラリネット演奏』 を聴い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲幕府・薩摩藩・佐賀藩・清水のパリ万博②影響「ジャポニズム」

慶応3年(1867) 4月~11月のパリ万博に参加した。日本からは、 幕府・薩摩藩・佐賀藩・商人の清水卯三郎が出品した。 パリ万国博覧会は、「ジャポニスム」の流行を引き起こした。 陶芸・工芸・絵画・音楽等で影響を及ぼした。 箕輪初心:生方▲歴史に隠れた大商人「清水卯三郎」のパリ万博と 『ジャポニズム』 https:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲幕府・薩摩藩・佐賀藩・清水卯三郎のパリ万博:①歴史的過程

1862年、第2回ロンドン万博では日本コーナーにイギリスの駐日  公使:オールコック(R. Alcock)の収集品が展示した。 ・元治2年(1865) 江戸幕府はフランスのナポレオンⅢ世から、駐日  公使のレオン・ロッシュを通じて、第2回パリ万国博覧会(1867  年開催)への招聘が届いた ・慶応元年(1866)4月、江戸幕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲歴史に隠れた大商人「清水卯三郎」のパリ万博と『ジャポニズム』

今井博昭「歴史に隠れた大商人『清水卯三郎』 (幻冬舎ルネッサン ス新書2014/12/4)アマゾンで840円で購入した。 ・文政12年(1829)、羽生領町場村(現羽生市)で酒造業を営 む家に生まれた清水卯三郎は、横浜に出て、戦国時代の上野国箕 輪城主:立石斧次郎(長野智子アナウンサー先祖)に英語を学び、 その才を生かして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№54≪三島中州:M13木暮武太夫泊≫漢学者・官僚

明治13年(1880)7月29日~8月25日、約1カ月、伊香保温泉 に湯治に来ている。三島中洲(ちゅうしゅう)はその間、伊香保 の詩情を漢詩『澡泉余事』を著した。三島中州は次男の広:ひろ (中島の中洲の実家を継いだ竹太郎)と、その実弟の虎次郎と三人 で「上州群馬郡伊香保村木暮武太夫方」に泊まった。.三層楼であっ た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№52≪成島柳北M12:木暮武太夫泊≫ジャーナリスト

箕輪初心:生方▲伊香保№36≪成島柳北M12:木暮武太夫11泊≫ジャーナリスト ●明治12年(1879) 9月6日~9月17日、 朝野新聞社長:成島 柳北、朝野新聞編集長:末広鉄腸と伊香保の木暮武太夫に泊まった。 (朝野新聞社長:成島柳北、朝野新聞編集長:末広鉄腸 成島柳北…「徳川実紀」編集家系、海軍奉行、欧州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方●2018『箕郷文化祭』MY陶芸作品&山口薫作品「クマと娘」

平成29年(2017)11月11日・12日の箕郷文化祭の「陶芸作品」 を出品した。工芸部門・書道部門・絵画部門・華道部門などがあった。 今年は「山口薫研究会」の作品が出品された。山口薫先生の作品 って、いくら位するのだろうか?、高崎シティギャラリーの「山口 薫展」の情報…「竹林とクマと娘」情報を所有者:栁沢先生から得た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№50≪鈴木(鯱)松塘(しょうとう)M12≫

・文政6年(1823) 12月12日 安房生まれ。江梁川星巌の門に入り、 鈴木(鯱)松塘・大沼枕山・小野湖山は門下の三高足と称せられた。 ・慶応元年(1864) 江戸浅草に私塾「七曲吟社」を開いた。 ●明治12年(1879)8月 箕作麟祥、ジャーナリスト:岸田吟香  島田三郎、田中芳男、今村泰造、森槐南(かいなん)、  鯱松塘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№49≪森槐南M12≫漢詩人、官僚

●明治12年(1879)8月 箕作麟祥、ジャーナリスト:岸田吟香  島田三郎、田中芳男、今村泰造、森槐南(かいなん)、  鯱松塘(しょうとう)、上野精養軒の主人:北村重成、  講談の三遊亭円朝など東京の知名人も伊香保温泉に「楽山館」  に泊まっていた。  (大槻文彦「伊香保誌」) ★おそらく、数人?は一緒に来たのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№43≪大槻文彦M12・M15・M40 ≫:言語学者「楽山館」「村松旅館」

・明治12年(1879) 伊香保温泉「楽山館」に泊まった。沢渡温泉から 六合村と経て草津温泉に行った。帰りも伊香保温泉「楽山館」に泊ま った。宿主の木暮八郎から「伊香保の様子をまとめるように」と依 頼されたので、『伊香保志』にまとめた。伊香保の名前の由来は、 「厳(いつ)く大きく秀でたるより…厳秀(いかほ)」と書いた。 ・明治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№37≪アーネスト・サトーM10 ・M28≫

伊香保温泉には明治時代、大正時代には、著名な外国人が多数訪れたと いう記録が残っている。幕末には伊香保は、横浜外国人居留地の指定 保養地でもあった。明治時代にはイギリスの公使:アーネスト・サト ー、幕府軍軍事顧問のフランス軍将校:デシャルム大尉などたくさん 外国人が来ている。日本駐在の当時のハワイ国総領事:ロバートウォ ーカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№36≪三遊亭円朝M7≫落語家『霧隠(陰)伊香保湯煙』

初代の三遊亭円朝(1839~1900)は江戸末期から明治時代にかけ て活躍した「落語中興の祖」とも呼ばれた落語家である。 明治7年、三遊亭円朝は磯部温泉から伊香保温泉、そして、おそらく、 明治20年頃、市川團十郎と四万温泉「積善館」と旅をしている。 群馬県立土屋文明記念文学館の第二弾「青き上に 榛名・伊香保文 学紀行」(発行2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲伊香保№35群馬県立土屋文明記念文学館「榛名・伊香保文学紀行46人」

草津温泉シリーズを141人で終了したので、榛名・伊香保に来た 有名人・特に文人墨客をHpで探した。群馬県立土屋文明記念文学 館のHpに「青き上に 榛名・伊香保文学紀行」は榛名・伊香保に 魅せられた文学者たち46人の47作品を収録しており、中にはこ の本でしか読むことの出来ない作品もあります。」とあった。買い に行ったは売り切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2018演奏会『カナディアン・ブラス』at笠懸野文化ホール

FM群馬で「カナディアン・ブラスの演奏会が10月27日にあり ます。」「う~ん、フィリップ・ジョーンズか、カナディアン・ブラス か?何で、カナディアン・ブラスが群馬のド田舎に来るのか?」 不思議でたまらない平成30年(2018)10月27日、高崎で「高 崎学検定」を受けた。ランチがイオン高崎の「源ちゃん」で『日 替わり海鮮丼と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more