旅行・城・武将・陶芸・登山・スキー・温泉・潜水

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲伊香保09≪樋口定輝:文政5年(1822)?伊香保神社掲額事件≫馬庭念流

<<   作成日時 : 2018/10/12 05:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

馬庭念流17世:樋口定輝は文政年間に伊香保神社掲額事件=馬庭念流:
樋口定輝VS北辰一刀流千葉周作との抗争が起こった。千葉周作が木暮
武太夫の泊まったいるので、樋口定輝は木暮金太夫に泊まった。?と考
えられている。文政6年(1823)の末、樋口定輝が亡くなった。樋口定輝
の嫡子:樋口定伊が17歳で家督を継ぎ、馬庭念流18世となった。文
政8年(1825)正月「樋口十郎左衛門定伊」が記したという伊香保神社の
掲額があるというが、真偽は不明である。
画像

画像





【1】「樋口家の先祖」★木曾義仲を助けた木曾の「樋口死」末裔・・・
初代:樋口は木曾義仲四天王の樋口兼光と祖とする.
11代当主・樋口兼重が念流開祖・相馬義元の高弟となり、念流の兵法を
   修めて以来代々念流を家伝としていた。
13代当主・樋口高重の代に上州吾妻郡小宿村に移り、更に多胡郡馬庭村
 に移転し関東管領:上杉氏に仕え、神道流を家伝とするようになった
 と伝えられている。
念流7世:友松清三藤原氏宗は眼医者であった。

◆木曾義仲の関係********************
箕輪初心●木曽義仲(1154〜1184)=征夷大将軍になった人物。
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201107/article_29.html

箕輪初心●埼玉嵐山町【大蔵館】&源義賢の生涯
http://53922401.at.webry.info/201406/article_15.html

箕輪初心★木曾義仲Cゆかりの地:埼玉→信濃→上野→信濃→北陸へ
https://53922401.at.webry.info/201406/article_17.html
箕輪初心●木曽義仲(1154〜1184)=征夷大将軍に
なった人物。
http://53922401.at.webry.info/201107/article_29.html

箕輪初心★木曾義仲:上野国多胡庄2ヶ月
    →信濃依田城で蜂起
http://53922401.at.webry.info/201310/article_3.html

箕輪初心●埼玉嵐山町【大蔵館】&源義賢の生涯
http://53922401.at.webry.info/201406/article_15.html

箕輪初心★新田義重&茶臼山城
http://53922401.at.webry.info/201309/article_27.html

箕輪初心★2代目:里見義成
http://53922401.at.webry.info/201309/article_30.html

箕輪初心:生方▲『草津に歩みし100人』C木曾義仲・D巴御前
https://53922401.at.webry.info/201709/article_26.html




【2】馬庭念流8代「樋口定次」
*永禄4年(1561) 長尾景虎(上杉謙信)の第一次関東出兵に
  惣社衆(長尾氏)として、馬庭の名がある。
  (★関東幕注文)
*永禄6年(1563) 武田信玄に降伏。所属。
馬庭兵庫介宗智の娘の嫁ぎ先・・姻戚の高麗氏が跡目。
 馬庭城主。
 
永禄10年(1567) 武田信玄の生島足島神社の起請文に
 「馬庭」が記録されている。

 樋口定次は家伝の新刀流を修めた。
・永禄10年(1567) 友松一族は武田信玄の家臣になった。
 (★生島足島神社起請文)

・天正2年(1574)
 馬庭村に訪れていた目医者で赤松三首座の系統の念流(念首座流)の
 第7代継承者:友松偽庵の剣術仲間の小串清兵衛が試合に負けた。
  樋口定次も友松清三藤原氏宗に弟子入りした。
・天正19年(1591)2月に念流8世の印可を授かった。
 樋口定は友松に習って17年を経ていた。
・慶長3年(1598) に伝書を受けて念流8世として、馬庭村で道場を開き、
 馬庭念流の開祖となる。以降、樋口家が相伝した。
・慶長5年(1600)村上天流を名乗る村上権右衛門と木剣試合をし、脳天
 を割って勝った。
  後、念流9世として弟:樋口頼次に譲り、彦根にいる師友松偽庵の
 もとへ旅立った。
 ★友松偽庵はおそらく、井伊直政に付いていったのであろう。
  然し、慶長7年の井伊家の家臣名簿に名前はない。
  「彦根藩家臣」『新修彦根市史』
 彦根で右京という者と闘い敗死した。(樋口家の縁の松本家口伝)。
松本家は安中・・・安中景繁の家老子孫であると考えられる。
(★「彦根藩家臣」『新修彦根市史』)

箕輪初心●群馬の城:高崎旧吉井38城B「一郷山城・奥平城他」
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201104/article_13.html


●樋口定次:馬庭念流始祖
@遠祖・・・木曾義仲の育ての親:中原兼遠である。
駒王丸=木曾義仲は今井兼光や巴とともに木曾で
成長した。
樋口家は木曾から吾妻応桑(群馬県嬬恋村応桑=北軽井沢)
→現高崎市旧吉井の馬庭に転居した。
今井兼光から11代:馬庭兼重は念流の創始者:相馬四郎
=念和尚から剣法の奥義を伝授された。
・天正18年(1590) 子の 樋口定次は念流:友松氏宗に念流
を学び、馬庭念流を認可された。
・寛永の御前試合で、名を轟かせた。
(★漫画:吉井町の歴史)



【3】念流13世:樋口将定の弟子:「堀部安兵衛」
堀部安兵衛は、念流13世樋口将定の弟子である。
 江戸赤坂道場に赤穂藩士堀部武庸が在籍していた。
馬庭念流は戦国時代の剣客樋口定次以来上州で連綿と続く流派である。
馬庭念流を修めた人物で一般にも著名なのは高田馬場の決闘、赤穂浪士
の討ち入りで活躍した「堀部安兵衛」だろう。
箕輪の下田邸の「庭園」(高崎市指定文化財)を造ったと言われている。
最も私は井伊直政は下田邸と「庭園」を造ったと考えている。
何故なら、桃山時代の葡萄の欄間があるから、・・・

箕輪初心★高崎の【堀部安兵衛】ゆかりの地&安兵衛の生涯        
https://53922401.at.webry.info/201211/article_5.html

画像

 (★馬庭念流の道場・馬庭城)



【4】念流17世:樋口定輝
・文政年間に伊香保神社掲額事件=馬庭念流:樋口定輝VS北辰一
刀流千葉周作との抗争が起こった。木暮武太夫に泊まった。?と言わ
れている。
・文政3年(1820)北辰一刀流創始者千葉周作は、廻国剣術修行の旅
に出て、各地で他流試合を行なった。文政5年(1822)上州一の道場
馬庭念流の小泉弥兵衛を破った。小泉など馬庭念流の門人はじめ
100名を超える人々が千葉に入門した。入門者たちが伊香保神社へ
北辰一刀流の額を奉納しようとすると、報せが馬庭村(現高崎市吉
井町)に伝わった。馬庭念流一同は憤激した。掲額を阻止するため、
馬庭念流一門500余名のほか、やくざ者や鉄砲を持った猟師まで集
まり、気勢を上げた。樋口定輝は大事を制止するため伊香保へ向か
ったが、門人たちは、当主の出馬だと勘違いして騒ぎは大きくなっ
たという。
「4月6日 すでに掲額予定(★4月8日)の伊香保村には念流の人々
が大挙して訪れており、伊香保にある「子」から「亥」までの干支名が
与えられた湯屋の「大屋」十四軒中、十二軒(他二件)が念流門人によ
って借り上げられている。大屋のうち「子」の木暮武太夫は「千葉周作
が額奉納の宿」だったので、念流も門人たちは借り上げられなかった。
しかし、樋口定輝は「木暮某」に泊まったらしい。
「樋口定輝は4月6日夜半には伊香保の木暮某の宿に入ったにであろう。
木暮武太夫の「子」の宿は千葉周作の宿であったため、樋口定輝が入った
「木暮」はおそらく「丑」の「木暮八左衛門」の宿か木暮金太夫であろう。
同じなのかもしれない。
当時、木暮八左衛門はすでに亡く、後家が当主代となっていたが、念流に
肩入れし、手代や下女らを指揮して手ごろな石や灰を集めさせ、臨戦態勢を
敷いたという。」
木暮八左衛門は明治2年には「木暮八郎」とある。「楽山館」である。
(現、凌雲閣)であると思われる。何故なら、木暮武太夫は幕末にも、
木暮武太夫を名乗っている。また、木暮金太夫は金太夫を世襲している
からである。

 
「赤堀村の本間仙五郎は「先一番に赤堀の仙太郎が、ぬば玉の夜の日しる
にとて、白布の鉢巻におなじ色なる襷して、樽を床几に尻うちかけて、わ
が弟子どもを左右に従へ、敵や寄りすると待ちたりける」という姿があっ
た。
★念流:本間派の本間仙五郎応吉は伊香保宿大屋の「巳」の岸六左衛門
(★現岸権)の宿に分宿していた。


「今朝伊香保を引取りて、只今惣社町へ通り掛かりし所なり。」
司馬遼太郎「北斗の人」でも、
「馬庭方は4月9日の佐鳥浦八郎と周作の会合を伊香保で聞いた。」
とある。

村役人木暮武太夫や代官所:の取成しもあって千葉は上
州から撤退し、事なきを得た。結果、上州(現群馬県)には北辰一
刀流は明治中期に至るまで、教える者がほとんどいなくなった。

◆伊香保神社掲額事件を扱った作品
@曲亭馬琴『兎園小説』
A司馬遼太郎『北斗の人』 アマゾンで258円だった。
  「北斗の人」後半部分の一つの山場である。
B戸部新十郎『日本剣豪譚 幕末編』70-72頁、光文社


●▲■箕輪初心:生方▲温泉ブログ(群馬編)

箕輪初心:生方▲2018『草津温泉』・『草津に歩みし141人+α』のブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201809/article_55.html

箕輪初心:生方▲『温泉百話―東の旅』(ちくま文庫2018年)
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_1.html



****各論編**************************
◆◆ 箕輪初心★『伊香保の歴史詳細&訪れた文人墨客』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201302/article_5.html

箕輪初心▲伊香保温泉&【文人墨客】復刻版
https://53922401.at.webry.info/201503/article_30.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201503/article_30.html


伊香保00『エロ解釈万葉集伊香保編9首』古代〜鎌倉時代
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_13.html

箕輪初心:生方▲伊香保01≪長尾景仲→景信→景春→上杉定昌
の伊香保温泉開発?≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_3.html

箕輪初心:生方▲伊香保02≪堯恵(ぎょうえ)文明18年(1486)≫
『北国紀行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_4.html

箕輪初心:生方▲伊香保03≪宗祇:文亀2年(1502)≫連歌師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_5.html

箕輪初心:生方▲伊香保温泉bS≪宗長≫ 連歌師:『宗祇終焉記』・『東路の津登』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_6.html

箕輪初心:生方▲伊香保bS≪真田昌幸:天正4年(1576)石段街の基礎造成≫
と真田3代ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_7.html

◆おまけ***********************
箕輪初心▲武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻@信濃編ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_8.html

真田幸綱(幸隆)の上野侵攻A上野編150城ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_9.html

箕輪初心:生方▲2016年NHK大河D【真田丸】:真田昌幸&真田幸繁
(幸村)ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
https://53922401.at.webry.info/201601/article_9.html

******************************

箕輪初心:生方▲伊香保 06≪高山彦九郎:安永2年(1773)≫尊皇思想家
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_11.html

箕輪初心:生方▲伊香保07≪奈佐勝皐(かつたか)天明6年(1787)≫
『山吹日記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_15.html

箕輪初心:生方▲伊香保08≪十返舎一九:文政2年(1819)≫文学者
・エロ浮世絵師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_14.html

箕輪初心:生方▲伊香保09≪千葉周作:文政5年(1822)?≫:木暮武太夫泊
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_16.html





★明日伊香保編は「滝沢馬琴」かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲伊香保09≪樋口定輝:文政5年(1822)?伊香保神社掲額事件≫馬庭念流 旅行・城・武将・陶芸・登山・スキー・温泉・潜水/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる