箕輪初心:生方▲伊香保№100番外編≪司馬遼太郎『北斗の人』≫

伊香保神社掲額事件を扱った作品の一つには、司馬遼太郎『北斗の
人』(講談社昭和44年)がある。私は司馬遼太郎『北斗の人』を
アマゾンで258円で買った。「北斗の人」『青き上に「榛名・伊香
保の文学紀行』(土屋文明記念文学館2008年)にも掲載されている。
「北斗の人」では司馬遼太郎は千葉周作が主人公であるため北辰一刀
流に有利なように書いている。つまり、千葉周作が馬庭念流宗家の樋
口定輝より強いかのように書いている。司馬遼太郎「燃えよ剣」にも
千葉周作が伊香保神社に「絵馬」の額を奉納しようとしたとある。
しかし、何故、千葉周作は赤城周辺の法神流と戦わなかったのであろ
うか?法神流には3000人門弟がいたはずで、上州で強いのは馬庭念流
だけではないのに、変だなあ。昨日は法神流:角田源造の一族の子孫
と一緒に倉渕の「はまゆう山荘」で酒を飲んだ。
画像



◆伊香保掲額事件関連*********************
箕輪初心:生方▲伊香保№09≪千葉周作:文政6年(1823)?≫:木暮武太夫泊
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_16.html

箕輪初心:生方▲伊香保№09≪樋口定輝:文政6年(1823)?
伊香保神社掲額事件≫馬庭念流
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_20.html

箕輪初心:生方▲伊香保№11≪滝沢馬琴:文政年間?≫①『伊香保の額論』
&②『南総里見八犬伝』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_21.html

◆法神流関連************************
箕輪初心:生方▲法神流①「浪士組6番隊→新徴組2番隊『女剣士:中沢琴』
上野国片品穴原出身  ★新撰組と会っている。
http://53922401.at.webry.info/201701/article_20.html

箕輪初心:生方▲法神流②【幕末の女剣士:中澤琴の兄:中澤貞祗の生涯】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_21.html

箕輪初心:生方▲法神流③「法神流の歴史」角田源造・持田誠二等
https://53922401.at.webry.info/201701/article_22.html




【1】司馬遼太郎『北斗の人』(角川文庫)価格:¥ 780(税込)
★アマゾンで258円だった。
・千葉周作は中西派を破門になった。千葉周作は当代のいかなる流儀
とも異なる合理的思考に基づく新流儀を興し、自ら一流派を開くこと
を決意した。「北辰一刀流」と命名した周作の剣はたちまち江戸の剣
壇を圧し、諸道場は周作の名を耳にしただけで戦慄するようになった。

・文政3年(1820)北辰一刀流創始者千葉周作は、廻国剣術修行の旅
に出て、各地で他流試合を行なった。
千葉周作は己の新流儀に自信をつけた周作は江戸を出、上野国に足
を向けることにする。累代上泉伊勢守を始めとする数多の剣豪を
生んで「剣は上州」として知られるこの国は、かの馬庭念流の本拠
地でもある。
 上州に足を踏み入れた周作は馬庭念流の剣客達に次々と勝負を挑
み、剣客達は軽々とあしらわれて敗退した。
敗れた剣客達はことごとく周作の門下に入った。


文政5年(1822)上州一の道場馬庭念流の小泉法神を破った。
小泉など馬庭念流の門人はじめ100名を超える人々が千葉に入門した。
千葉周作は高崎に居を構えて北辰一刀流の道場を開くこととなる。
★「北斗の人」後半部分の一つの山場である。
合理的で誰にでも学び易い北辰一刀流の剣術は爆発的な人気を呼ん
で入門者が殺到し、馬庭念流を学んでいた者達まで自流を放り捨てて
入門を乞うた。
兵法の国上州をもって北辰一刀流を試そうと考えていた周作は予想も
しなかったほどの成功に自信を深めた。


P144『馬庭念流』
馬庭念流:本間仙五郎が登場する。
 赤堀村の本間仙五郎がこてんぱんにやられる。



P302『上州へ』
 岩鼻  代官所

p314 『高崎』
 ①馬庭念流:本間派:本間仙五郎の高弟
②馬庭念流:田部井派:小泉玄神(司馬遼太郎「北斗の人)

P326 『前橋』

P338『佐鳥浦八』(引間*旧群馬町)

P351『指切り源造』

P363『武道額』

P375『馬庭の剣』

P378『草津』

・・・

P437『木暮』(伊香保)●
一、伊香保の湯は土地の伝説では、紀元前28年、垂仁帝2年・・・
・・・(略)・・・
8つの姓が、木暮、岸、島田、大島、千明、永井、後閑、福田である。
・・「大屋(おもや)」という。
「譜代門屋」・・・84軒ある。


やがて、千葉門人達の中から
「北辰一刀流が上州一円を征服した記念に、伊香保明神の境内に巨大
 な武道額を奉納しようという計画である。」
伊香保明神に巨大な武道額を奉納しようという計画は北辰一刀流が上州
で成功したことを記念するものであった。
 しかし、馬庭念流は自分たちの敗北を喧伝されるようなものであり、
関八州を見下ろす伊香保の明神にそのようなものを掲額されるのを黙
って見ていようはずもなかった。落ち目になったとはいえ、いまだ、
上州で強い力を持つ大集団を敵に回せば国中に乱を引き起こすはめ
にならぬとも限らない。
馬庭念流の面々は動堂(★藤岡市本動堂)に300余人が集まった。
次第に人数も集まり、・・・500人にもなった。

千葉周作は馬庭念流の動向は知らず、慎重な姿勢を示す。
「伊香保明神に北辰一刀流の武道額をあげるというのは、この上
 州に容易ならぬ波瀾をまきおこすであろう。」
しかし、門人達はそのような周作の諌めにまるで耳を貸そうとしなかった。
 
「武道額というのは、普通、その流儀の盛大さを誇示するため、師
 匠の名を大書し、門人一同の名をできるだけ数多く刻んで最後に年
 月日をきざみこみ、その隆盛ぶりを祈念する目的でかかげられるも
 のだ。」
 古来より悍強として知られる上州人は多分に直情径行の癖を持つが、
弟子達も例外ではなく己の盛挙に興奮して勝手に動き回り、事態は周作
の腕をすり抜けてとんとん拍子に進み始めた。
 
樋口定輝も馬庭念流は伊香保に来る情報をえた。 
樋口定輝は蜂起を止めさせようとした。
 しかし、門人たちは「当主のご出馬」として喜んだ。
馬庭念流宗主・樋口定輝は周作同様に騒乱が起こることを危惧したもの
の、掲額計画に激昂する門弟たちを押さえかねていた。

 次第に弟子同士での小競り合いも頻発するようになった。
注文した額が仕上がる頃には両流の対立は上州中の知るところとなって、
もはや「千葉か馬庭か」と雌雄を決しなければならぬところまで緊張
が高まった。
当番の木暮武太夫は両者の険悪なムードを代官所の役人に伝えた。
代官所は千葉周作を呼んで、事態を収拾しようとした。
 

P449『地蔵が原』●
馬庭念流は地蔵が原が決戦の場と決めた。
4月6日、馬庭念流は14軒の大家の内、12軒に分宿した。
樋口定輝は木暮某、本間は岸権六右衛門に泊まった。

P461『引間村』
 千葉周作は馬庭念流は伊香保に来る情報をえた。
4月9日 千葉周作は佐鳥浦八郎にあった。
 千葉周作は小泉玄神、吉田川など6人を選び、伊香保に登ろうとした。
 しかし、「念流は伊香保を下り、総社に着いた。」という情報が入った。

P474『夏の月』
「ここは別、伊香保の原や 夏の月 」という句を詠み、口ずさみ
  つつ原をすぎゆき、伊香保に入った。木暮武太夫方に投宿した。

結果、「伊香保神社掲額事件」では千葉周作と門人たちは掲額を諦めた。
 「馬庭宗家17世の樋口定輝はこの事件の翌日死んでいる。」


「ここは別 伊香保の原や 夏の月 」


●▲■箕輪初心:生方▲温泉ブログ(群馬編)**********

箕輪初心:生方▲2018『草津温泉』・『草津に歩みし141人+α』のブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201809/article_55.html

箕輪初心:生方▲『温泉百話―東の旅』(ちくま文庫2018年)
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_1.html


●▲■箕輪初心:生方▲伊香保温泉ブログ**********

◆◆ 箕輪初心★『伊香保の歴史詳細&訪れた文人墨客』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201302/article_5.html

箕輪初心▲伊香保温泉&【文人墨客】復刻版
https://53922401.at.webry.info/201503/article_30.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201503/article_30.html




伊香保№00『エロ解釈万葉集伊香保編9首』古代~鎌倉時代
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_13.html

箕輪初心:生方▲伊香保№01≪長尾景仲→景信→景春→上杉定昌
の伊香保温泉開発?≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_3.html

箕輪初心:生方▲伊香保№02≪堯恵(ぎょうえ)文明18年(1486)≫
『北国紀行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_4.html

箕輪初心:生方▲伊香保№03≪宗祇:文亀2年(1502)≫連歌師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_5.html

箕輪初心:生方▲伊香保温泉№4≪宗長≫ 連歌師:『宗祇終焉記』・『東路の津登』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_6.html

箕輪初心:生方▲伊香保№4≪真田昌幸:天正4年(1576)石段街の基礎造成≫
と真田3代ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_7.html

◆おまけ***********************
箕輪初心▲武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻①信濃編ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_8.html

真田幸綱(幸隆)の上野侵攻②上野編150城ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_9.html

箕輪初心:生方▲2016年NHK大河D【真田丸】:真田昌幸&真田幸繁
(幸村)ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
https://53922401.at.webry.info/201601/article_9.html

******************************

箕輪初心:生方▲伊香保 №06≪高山彦九郎:安永2年(1773)≫尊皇思想家
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_11.html

箕輪初心:生方▲伊香保№07≪奈佐勝皐(かつたか)天明6年(1787)≫
『山吹日記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_15.html

箕輪初心:生方▲伊香保№08≪十返舎一九:文政2年(1819)≫文学者
・エロ浮世絵師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_14.html



★明日は伊香保を詠んだ鎌倉時代の和歌。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック