箕輪初心:生方▲伊香保№15≪中川内膳正妻:寛永年間(1624~1645)≫『伊香保記』

『伊香保記』は、江戸屋敷にいた九州豊後国岡城主:中川内膳正久敬
の室は寛永年間(1624~1645)に伊香保などを紀行文を書き表した。
寛永年間に江戸から鴻巣、熊谷など経て高崎から三国街道に入った。
現吉岡の野田宿から伊香保街道に入り、伊香保の手前で水澤観音を
訪れ、伊香保温泉に来た。伊香保滞在中には榛名湖と榛名神社も訪
れている。優美な文章で、道や旅の様子、宿の人々との交流を詳し
く記している。
画像

(★薬師堂)



◆中川内膳正妻室『伊香保記』***********
0)江戸~水沢
1日目:中川内膳正久盛夫人は江戸を出発し浦和宿に泊まった。

2日目:浦和を出て、桶川で休憩し、鴻巣の勝願寺に立ち寄り、
 阿弥陀三尊を参拝し、書院や伽藍を拝観した。熊谷で宿をとった。
( ★勝願寺は真田信幸の妻:小松姫は亡くなった?場所でもある。)

箕輪初心:生方▲真田丸23【沼田正覚寺】信之の妻:小松姫の墓
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201601/article_26.html

箕輪初心★熊谷:熊谷次郎直実&熊谷寺
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201408/article_25.html

3日目:熊谷寺で阿弥陀如来や熊谷次郎(直実)の木像を拝観した。
(★熊谷寺は、熊谷駅からからの道と中仙道の交差点近くにある。)
 本庄から玉村に至る。玉村から総社の光巖寺で八郎権現などの事
 を聞いた。
 (★光巖寺は秋元長朝・泰朝の墓が宝塔山古墳の上にある。)

箕輪初心:生方▲20151110【総社秋元公歴史まつり】:秋元長朝の功績
&光厳寺&元景寺
https://53922401.at.webry.info/201511/article_10.html

箕輪初心:生方★高崎城&長野堰【井伊直政&秋元長朝&新井喜左衛門】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_10.html
★秋元長朝はおそらく高崎城の内堀・用水路・遠構え
 建築に貢献したのだ。

 総社、吉岡に向かい、(三国街道を横切り)、吉岡の野田宿から
 伊香保街道に入り、伊香保の手前で水澤観音を訪れた。
 伊香保温泉に来た。伊香保での入湯の旅であろうが伊香保温泉の入
 湯や伊香保神社についての記述はない。伊香保滞在中には榛名湖と榛名
 神社も訪れている。優美な文章で、道や旅の様子、宿の人々との交流
 を詳しく記している。


1)水沢観音
中川内膳正久盛夫人は水沢うどんは食べなかった。
 天正10年(1582)、清水屋と田丸屋が創業を始めたそうである。

「さてそうしやを立いてゝ行ほとに、水沢という所になりぬ、これに
くわん音たゝせ給ひて、白雲山のこしをめくりて、草刈わらはともは
たゝ雲の中をなん行かよひける。雲行客のあとをうつむとはかやうの
事ならんとめつらかにてなかめつゝ、しら雲にみへみ見へすみ水沢の
山路こえ行をちのさと人。
御前にまいりて見たてまつれは中尊は如意輪くわん音にてわたらせ
給ふ。左にはちせう右にやしやみやうわう、御後のかたには千しゆ今
一方には十一面たゝせ給ふ。この堂はかうけん天皇の御宇に高光中将
といひし人、上野のこくしにておはしけるか、そのほたひ所とかや。
かの高光卿は本地やくし如来にてわたらせ給ふゆへに、諸病しつちよ
のためいかほの里の滝の湯はいたさせ給ふとなり。さてこそかの滝の
上にやくしはたゝせ給ふなれ。北の御かたいかほの姫と申せしは則観
音のさいたんにてわたらせ給ふとくわしくえん起にみへたり、これは
のちいかほのやとにてみ侍りしなり。さて是よりいかほまては皆やま
路なりけるか、色々の花むさし野にやゝたちまさりて、あやしの賤か
軒端まても花にてふきわたして、かきねも野辺もはきの錦をさらした
れは実おもしろきかきりなりかし」

箕輪初心:生方▲伊香保№12『伊香保神社縁起』/南北朝時代『神道集』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_24.html
★「国司高光中将」や「伊香保姫」伝説掲載

箕輪初心■群馬パワースポット③「水沢観音&伊香保温泉」
https://53922401.at.webry.info/201011/article_30.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201011/article_30.html

箕輪初心:生方▲【水沢うどん13軒】のミニ情報
https://53922401.at.webry.info/201705/article_3.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201705/article_3.html


2)伊香保温泉
●中川内膳正久盛夫人は
①宿の外観…「草の生い茂った屋根、・・・一日も暮らしがたし。」
②宿の内装…「谷に面した座敷、柴垣、庭の石畳・・・
       風情ある造りに心有る人に見せたい・・・」
③温泉薬師
「彼滝の上にたゝせ給う薬師は湯のほんちにてわたらせ給へは、誰もま
いるよし聞てあるひるつかたしのひてまいりけるに、らうそくしてし出
て御あかしかゝけ御ちやうあけてしんきやうふもんほんなといとたうと
くよみ終りてやかて帰りけれは、人々こしよりをり御前おかみなとして
なかむれは、山には色々の花さきみたれ右のかたは谷深くうしろに二つ
たけ、むかふにをのこ山こもち山わかゝへてのもみつまてといへるも、
此山のことにこそといとおかし。今一かたにあかき山さかい沢という山
々つゝき立たり。つねにみる山なれとも所からまさりて麓の里も山田の
原も今一きわおもしろこそ見わたされける」
「薬師堂の口のかたにはゆせんたゝせ給ふ。坂の下にあみた堂おはします。
ゆせんの別当は則寺号たうせん寺とてやかて引つゝき寺あり、此前当には
老たるはゝありけるか、すゝけたる綿かつき、ふるめかしききぬともかさ
ね着て、袂に手ひき入いなかめきはつかしけなるものから、さすかにより
来てよしばみたる口つきして物いひたるこそおかしかりつれ。薬師堂の別
当はいわよしとて坂より下にてらの軒みへけるか其きわに湯のなかれくる
所有て、それよりかけひをかけわたしまち中へとりけるとそ人々かたりけ
る」
伊香保神社を下って右に折れると、勝月堂の饅頭屋がある。
一個90円で販売・・・湯元通り入った場所に医王寺薬師堂が
ある。
>★「彼滝の上にたゝせ給う薬師は湯のほんちにてわたらせ給へは」から、
医王寺薬師堂は平安時代の『延喜式』に出てくる伊香保神社の神仏習
合「本地」である。 薬師堂は天正2年(1574年)創建である。

箕輪初心:生方▲伊香保№12『伊香保神社縁起』/南北朝時代『神道集』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_24.html

⑤景観
「双ツ嶽、小野子山、子持山、赤城山・・・」
⑥雨の日
「古今、新古今など、・・・」
⑦名所の話
「近きに榛名というところありという。松島に続く名所・・・」と聞き、
絵心のある従者を派遣した。従者は絵を2枚持ち帰った。・・・
「山の姿は例えようもなく、・・・」
又来ることないので、榛名山を訪れることにした。


3)榛名湖
江戸時代初期、榛名湖周辺には宿泊施設がなかった。
 つまり、榛名山と云えば、榛名神社・巖殿寺を意味する。

①出発
「長月十五日、夜の明けやらぬ頃、・・・明け方の月に向かひて
 なん行ける。」

②景観
 「おもしろからず、いふことなし。」

③榛名湖畔
「すすきに覚えける。」

榛名沼ヶ原は地球温暖化の影響を受けていなので、
 柏などの木が生えていないことが分かる。


 「するす岩は珍しき、・・」

 「ふじの山いふ名にたかきまことの冨士にいとよく似て、麓に
 水海にながれたり。」

 「此沼の 辺にて民とも 雨こひすれば あめふるといふ」
榛名相馬山の伝説を伝えている。
  江戸時代、高崎藩主:大河内輝貞は「右京の泣き堀」を
  掘らせた。
  箕郷町では昭和時代にも雨乞いを相馬山でやっていた。


⑤地蔵峠からの下り
 「高きみねよりふかき谷へさしてつづき、まなくおひたるが
  下葉のこらず紅葉して、ただにしきかけ渡せりとみへおもしろさ
  いわんかたなし。」

箕輪初心:生方▲『榛名湖温泉』と「用水」と【榛名ブログ一覧】
https://53922401.at.webry.info/201707/article_7.html

箕輪初心:生方▲松平輝貞の『榛名するす岩下:右京の泣き堀』3回目・榛名湖畔
https://53922401.at.webry.info/201604/article_25.html

箕輪初心:生方▲高崎は38℃、榛名湖畔は26℃、この差は?
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201807/article_35.html


4)榛名神社
①榛名神社社殿
「御やしろは右のかたの森のうちにたゝせ給う。ちぞうかだけというほら
の中へつくりかけられたり。この頃そう宮ありしとてきら/\と見ゆるも
のから、さすかに神さひつゝ有かたくそみへさせ給ふ。此御神はまんきや
う権現とてことにれいけんあらたにわたらせ給ひて此所の民ともの屋山田
に水なき事なとうれへて祈奉れは、たちまちにあたへさせ給ふとなり。」
意味…地蔵ヶ岳の祠の中に造りかけている。宮がキラキラ見えるが、神
 は錆びているにで有難く見える。(祀られている)神様は満行権現で・・
 ・(雨乞いの)霊験あらたかな神様である。
 地蔵が岳・・・雨乞いの神様

②様々の奇特、不思議な事
「其外さま/\のきとくふしきおほしとかや。かのそうしやの八郎権現の御ち
ゝ君にしておはしましけるとそ。えんきはおもひかけすそうしやにてみま
いらすれはいよ/\有かたき事にておもひし。

③建造物・仏像
「され此外堂宮々々みゆるにまいりてみれば、左のかたにねはん堂、きや
うき御作のちさうたう、おなしき御作の薬師堂、しやかたうには左右に文
殊ふけんおはします、これは七うちの堂にてそありけり。まつしやには住
吉三嶋の明神たゝせ給ふ。」

④鐘楼
★触ってはいかん。

⑤景観
そういった岩山とそこに生えている木々との彩り=コラボレーションが
 一段と映えて美しく、このような山はほかにあろうか。・・・

⑥御禅足石
「権現のふませ給ひて此所へとびわたらせ給ひつる石の御くつとて、
  ・・・」
⑦巖殿寺
「さて坂下には大せんゐん、学頭はんにや坊、こんかく院、中さう院、中
の坊、山本には川なかれりうのくらかけとて山より山に岩橋其外つゝら岩
ゑほし岩なととてめつらかなるいはほそひへたり。こなたの山もとにはた
へ/\おつる山井のし水あり、是れをのむ人は千とせのよはひをのふると
いひ伝へけるとかや。さて宮のあたりには山ふし岩、あみたかたけ、りう
てん、ふうてんなというさま/\の岩たゝすまひにこきうすきもみちのさ
しましりたるほとおもしろき」

★現存は中の坊・般若坊(建築の指定史跡)
  宿坊が最盛期には100以上あった。
⑧岩石
倉掛石、葛籠岩(つづらいわ)、烏帽子岩、山伏岩、阿弥陀が岳
 流天、風天・・・面白いって。

★絶え絶えの紫水…3年に一度は凍るようである。

箕輪初心■群馬パワースポット①「榛名神社」
https://53922401.at.webry.info/201011/article_26.html

箕輪初心■群馬:榛名神社の見所&パワースポット
https://53922401.at.webry.info/201108/article_9.html

箕輪初心●群馬『榛名山城考察』&榛名神社の氷柱4m
https://53922401.at.webry.info/201302/article_13.html

箕輪初心:生方▲草津100ー25『小林一茶』と「榛名神社⇒草津:望雲」
https://53922401.at.webry.info/201803/article_19.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201803/article_19.html


5)榛名湖畔
①奥さんは輿に乗って優雅に
「帰にはこし(輿)少時やすめてみせよといへばみせけり。」
②和歌
「ちりもゐぬ 伊香保の沼や ふじのねの
  すがたをうつす かゞみなるらん」
竹久夢二の歌碑の所:現案内所付近からの眺めであろう
画像



◆参考史料
(★「女流文学全集」3に現代文翻刻)
(★榛名町誌 通史編下巻P198)
(『群馬県資料集 第六巻 日記篇Ⅱ』(群馬県文化事業振興会1971年所収)


◆参考サイト
★凄いHpです。参考・一部引用させていただきました。
 ありがとうございます。
 
石段の早朝散歩と高根展望台からの眺め――夏の伊香保・榛名 その四
http://www.rakudomanyu.net/onsen/ishidan-ikaho2013.html

榛名神社に参詣し、神仏習合を思う――夏の伊香保・榛名 その五
http://www.rakudomanyu.net/jinja/jinja-haruna2013.html



●▲■箕輪初心:生方▲温泉ブログ(群馬編)************

箕輪初心:生方▲2018『草津温泉』・『草津に歩みし141人+α』のブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201809/article_55.html

箕輪初心:生方▲『温泉百話―東の旅』(ちくま文庫2018年)
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_1.html



◆総論編**************************
◆◆ 箕輪初心★『伊香保の歴史詳細&訪れた文人墨客』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201302/article_5.html

箕輪初心▲伊香保温泉&【文人墨客】復刻版
https://53922401.at.webry.info/201503/article_30.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201503/article_30.html

◆各論編**************************
伊香保№00『エロ解釈万葉集伊香保編9首』古代~鎌倉時代
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_13.html

箕輪初心:生方▲伊香保№00補足篇≪鎌倉時代の歌人たち≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_23.html

箕輪初心:生方▲伊香保№12『伊香保神社縁起』と南北朝時代『神道集』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_24.html

箕輪初心:生方▲伊香保№01≪長尾景仲→景信→景春→上杉定昌
の伊香保温泉開発?≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_3.html

箕輪初心:生方▲伊香保№00補足篇≪鎌倉時代の歌人たち≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_23.html

箕輪初心:生方▲伊香保№12『伊香保神社縁起』/南北朝時代『神道集』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_24.html

箕輪初心:生方▲伊香保№02≪堯恵(ぎょうえ)文明18年(1486)≫
『北国紀行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_4.html

箕輪初心:生方▲伊香保№03≪宗祇:文亀2年(1502)≫連歌師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_5.html

箕輪初心:生方▲伊香保温泉№4≪宗長≫ 連歌師:『宗祇終焉記』・『東路の津登』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_6.html

箕輪初心:生方▲伊香保№4≪真田昌幸:天正4年(1576)石段街の基礎造成≫
と真田3代ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_7.html

◆おまけ***********************
箕輪初心▲武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻①信濃編ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_8.html

真田幸綱(幸隆)の上野侵攻②上野編150城ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_9.html

箕輪初心:生方▲2016年NHK大河D【真田丸】:真田昌幸&真田幸繁
(幸村)ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
https://53922401.at.webry.info/201601/article_9.html

******************************
箕輪初心:生方▲伊香保№13『江戸時代の文学:伊香保・榛名総集編』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_25.html

箕輪初心:生方▲伊香保 №06≪高山彦九郎:安永2年(1773)≫尊皇思想家
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_11.html

箕輪初心:生方▲伊香保№07≪奈佐勝皐(かつたか)天明6年(1787)≫
『山吹日記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_15.html

箕輪初心:生方▲伊香保№08≪十返舎一九:文政2年(1819)≫文学者
・エロ浮世絵師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_14.html

箕輪初心:生方▲伊香保№09≪千葉周作:文政6年(1823)?≫:木暮武太夫泊
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_16.html

箕輪初心:生方▲伊香保№09≪樋口定輝:文政6年(1823)?
伊香保神社掲額事件≫馬庭念流
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_20.html

箕輪初心:生方▲伊香保№11≪滝沢馬琴:文政年間?≫①『伊香保の額論』
&②『南総里見八犬伝』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_21.html

箕輪初心:生方▲伊香保№100番外編≪司馬遼太郎『北斗の人』≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_22.html



★明日の伊香保は「跡部さん」かな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック