箕輪初心:生方▲伊香保№35≪デシャルム大尉:M6≫フランス人将校

幕末には伊香保温泉は、横浜外国人居留地の指定保養地でもあった。
①慶応丁卯3年(1867)正月13日、幕府の要請で、幕府軍軍事顧
問として劣勢のフランス式の軍事訓練をした。デシャルム中尉は
アーネスト・サトーと供に行動していることもあった。
慶長4年(1868)11月、幕府の戊申戦争の敗北により、帰国した。
②明治5年(1872)明治新政府の軍事顧問団の一員として再来日し
た。陸軍の近代化に尽くした。明治6年(1873) レオン・デシャル
ム大尉が草津温泉に来た。「草津紀行」を書いた。8月1日、江戸
を出発、草津温泉、伊香保温泉、日光経由、江戸の1か月余りの旅行
記である。ノルデンシェルドより6年早くベルツ博士より7年早く、
草津に来た。外国人の中で、一番早く、草津温泉と伊香保温泉を紹介
した。明治9年(1876) 帰国した。
画像




箕輪初心:生方▲草津100ー42番外編『デシャルム大尉』フランス軍人
https://53922401.at.webry.info/201804/article_21.html



≪1長州の動き≫
・文久3年(1863) 長州藩は幕府によって海外渡航が禁じられていた
 ため、密航という形をイギリス留学をさせた。。長州藩の内命を受け
 たのは、山尾庸三、井上勝、遠藤謹助、半年前には英国公使館焼き
 討ち事件に加わっていた伊藤博文と井上馨の5名であった。
 5月に横浜を出港し、11月にロンドンに到着した。5人の留学生
 を迎え入れてくれたのが、UCL(ロンドン大学)のアレクサンダー
 ・ウィリアムソン教授であった。5人は教授の分析化学の講義を聴講
 したりするなど様々な学問に接した。

・文久3年(1863) 5月、長州藩が馬関海峡を封鎖し、航行中のアメ
 リカ・フランス・オランダ艦船に対して無通告で砲撃を加えた。
下関戦争(馬関戦争)が起こった。

・文久4年(1864)4月、5人は長州藩に対して列強4カ国が報復攻撃
  を準備していると知った。5人は、相談して伊藤博文と井上馨を
  帰国させることにした。

・元治元年(1864) 7月、海峡封鎖で多大な経済的損失を受けていた
  イギリスは長州に対して懲戒的報復措置をとることを決定した。
  イギリスはフランス・オランダ・アメリカの三国に参加を呼び
  かけ、艦船17隻で連合艦隊を編成した。
  8月5日~7日にかけて馬関(現下関市)と彦島の砲台を徹底的
   に砲撃、各国の陸戦隊が下関を占拠・破壊した。
  長州藩 VS イギリス・フランス・オランダ・アメリカの列強四国
  2回にわたる攘夷思想に基づく武力衝突事件であった。
 長州藩は馬関海峡の砲台を四国連合艦隊によって破壊され、西洋に
 対する武力攻撃による攘夷を放棄し、海外から新知識や技術を積極的
 に導入し、軍備軍制を近代化することに方向転換した。
 
 

≪2薩摩の動き≫ 
・元治2年(1865) 3月22日、薩摩藩は新納中三・五代友厚・松木弘安
(寺島宗則)の3人から成る外交使節団を、町田
 久成、森有礼ら15名の留学生と共にイギリスに派遣した。
 使節は薩摩国串木野羽島(鹿児島県いちき串木野市)から出航した。
 使節団及び留学生一行19名は西欧の進んだ文化や技術を目で確か
 め学び取ろうと、イギリスへ出発した。船旅の途中様々なカルチャ
 ーショックを受けながら、約2か月後・・・・
・慶応元年(1865)5月28日、イギリスのサウザンプトンに到着した。
  汽車にてロンドンへ向かった。長崎のイギリス商人トーマス・グラ
  バーの兄:ジェームス・グラバーの出迎た。
 
使節団:新納久脩、五代友厚、松木弘安、堀孝之は紡績機械、銃砲、
 艦船などの交易及び外交面の交渉に奔走した。
 五代友厚(後大阪商法会議所初代会頭)らはイギリス国内の進んだ
 産業技術の導入のため、マンチェスターで紡績機械を、バーミンガム
 で小銃数千挺を購入契約した。
 留学生は語学合宿後、オリファント卿やロンドン大学:ウイリアム
 ソン教授らの計らいによりロンドン大学へ入学した。
 13歳の長沢鼎だけは大学に入れず、グラバーの実家アバディーン
 (スコットランド)へ引き取られ、地元の中学校で最優秀の成績を
 修めた。

 留学生が驚いたことには、国内で最も強硬に尊王攘夷を唱えていた
 長州藩の留学生:山尾庸三、井上勝、遠藤謹助と出会ったことであった。
  ロンドンでは薩摩と長州は仇敵同士であった。
 長州藩の長州五傑と遭遇している。

 使節団はフランス・プロイセン・オランダ・ベルギー各国を歴訪・視察
 した。
 ロンドンでは、ベルギー貴族(フランス国籍)のシャルル・ド・モン
 ブラン伯爵から貿易商社設立の話を持ちかけられ、ブリュッ
  セルにで薩摩藩とモンブランの商社設立契約を結んだ。
 モンブラン伯爵とは商社設立の契約は薩英戦争後の集成館事業再興
 に大きく貢献した。また、2年後のパリ万国博覧会参加を協議し、
 参加する方向が決まった。
  また、松木弘安(後外務卿、寺島宗則)はローレンス・オリファ
 ントを通じてイギリス外相:ラッセル伯に雄藩連合政権樹立の構想
 を説いた。外相:ラッセル伯と交渉は当時の英国の対日政策を幕府
 寄りの政策から薩摩寄りの政策に方向転換させることになった。
 イギリスの対日外交に影響を与えた。結果、外交上大きな成果を挙
  げた。
 ・慶応2年(1866)に帰国した。

・慶応2年(1866)1月21日(3月7日)坂本龍馬や中岡慎太郎などの
 仲介により、薩長同盟が締結された。
  薩摩藩と長州藩は近代化路線を進め、共に倒幕への道を進む。

≪3幕府の動向≫
 小栗上野介は軍事力強化のため、幕府陸軍をフランス軍人に指導させる
 ことを計画した。
 ★個人的には、イギリスかフランスのはずであると考えている。

 アメリカのワシントン海軍工廠の技師等を呼びたかっ
 たが、南北戦争中であった。
 
・慶応元年(1865) 閏5月、外国奉行:柴田剛中がフランス・イギリス
 に派遣された。薩摩藩は坂本龍馬の仲介で西郷隆盛・大久保利通など
 などはイギリスとの交渉を進めていた。
 柴田剛中は薩摩藩との関係を強めつつあったイギリスとの交渉には
 成功しなかった。
 7月 柴田らはフランスに入った。フランスとの横須賀造船所建設と
 軍事教練に関する交渉を行った。
 顧問団派遣はナポレオンⅢ世の承認を受け、外務大臣ドルーアン・ド
 ・リュイス(英語版)がフランス政府の同意を伝えた。

顧問団は陸軍大臣ジャック・ルイ・ランドンの権限で選ばれた。
顧問団は、各分野の専門家からなる士官6人、下士官兵9人の
計15人であった。後に4人が追加派遣され、総勢19人とな
 った。
団長のシャルル・シャノワーヌ参謀大尉が率いた。
①顧問団団長:シャルル・シャノワーヌ大尉
②士官
◆ジュール・ブリュネ大尉、近衛砲兵連隊、砲兵教育担当。
◆アルベール・シャルル・デュ・ブスケ中尉、第31歩兵連隊、
  歩兵教育担当。…★群馬県に来ている。
◆エドゥアルド・メスロー中尉、第20猟騎兵大隊、歩兵教育担当。
◆オーギュスタン・デシャルム中尉、皇后竜騎兵連隊、騎兵教育担当。
  ★草津温泉・伊香保温泉に来ている
◆ジョルダン大尉、第一工兵連隊。
③下士官兵13人



≪4小栗上野介の動向≫
・慶応2年(1866年)経済面では、関税率改訂交渉に尽力した。
天保小判→蔓延小判(大きさが3分の1)とした。
 かつて、安政6年、ハリスは以下の2案を提案してきた。
「①銀貨の量目を増大させ、金銀比価を是正する」
「②小判の量目を低下させて同様に金銀比価を是正する」
 安政の幣制の小判そのものであったが、幕府にも抗議する力はなか
 った。水野忠徳は小判の量目低下は激しいインフレーションを招き、
 幕府が吹替えにより利益が帳消しなることを恐れ、小判を小さく
 することには消極的であった。
 イギリスのオールコックは健全な貿易取引促進のため日本の金銀比価
 の是正させるようハリスに進言した。
 幕府側は金銀比価の是正手段として金地金の保有高の事情から小さな
 小判を小さくする案を採らざるを得なかった。
 天保小判に対し、品位はそのままで量目を3割以下と大幅に低下させる
 吹替えを行った。質は変わらないが、含有金量は慶長小判の約8.1分の
 一となった。
 
 小栗は特にフランスとの経済関係を緊密にし、三都商人と結んで日本全
 国の商品流通を掌握しようとした。
・慶応3年(1867) 株式会社「兵庫商社」の設立案を提出した。大阪の
 有力商人から100万両という資金出資を受け設立した。
◆村上泰賢先生「①パナマの鉄道での誰かの質問で資本は民間がお金を
 出し合って作った。②幕府財政の資本金だ無いこと。③日本商人が海
 外貿易で不利益を被っていることを受けたことによる。日本で最初は
 坂本龍馬の「亀山社中」ということなっているが、実際は「兵庫商社
 」が一番早かった。」…
  解決には大資本の商社が必要であるという認識によるものであった。
 100万両という設立資金は、当時設立されていた株式会社の中でも
 大きく抜きん出たものであった。

 8月9日 日本初の本格的ホテル、築地ホテル館の建設が始まる。
 小栗の発案・主導のもとに清水建設2代目:清水喜助らが建設した
 ものである。翌年8月10日に完成する。
◆村上泰賢先生「これも株式会社であった。
 小栗の財政、経済及び軍事上の施策・手腕にはは見るべきものがあり、
 倒幕派も認めざるを得なかった。

・慶応2年(1866)11月19日 顧問団一行はマルセイユ を出航~~
・慶応2年(1866)12月8日(1867年1月12日)に横浜に到着した。
 駐日フランス公使レオン・ロッシュとフランス東インド艦隊司令官ピ
 エール=ギュスターヴ・ローズ(ロゼー)提督の歓迎を受けた。

・慶応2年(1866)12月9日 小栗上之介の要請でフランス軍事
 顧問団が到着の翌日から訓練が開始された。

 また、小栗上野介はフランスに、大砲90門、シャスポー銃10,000丁を
 含む後装小銃25,000丁、陸軍将兵用の軍服27,000人分等の大量の兵
 器・装備品を発注した。購入金額は総計72万ドルにも上った。

・慶応3年(1867)10月14日(11月9日)、15代将軍:徳川慶喜が
 朝廷に大政奉還した。



◆デシャルム大尉の2回の日本滞在
【1】1回目
・慶応丁卯3年(1867)正月13日(2.17)
シャノワン少佐に率いられたフランス軍事顧問団(ブリュネ砲兵大尉、
デシャルム騎兵大尉ら15人(本当は19人)が、フランス郵船ベリ
ューズ号で横浜に到着した。
 (★『青い目の旅人たち』)

 英国公使:パークスの大坂上陸の件について打ち合せするため、
大坂奉行:竹内日向守幸が英国公使館員:アーネスト・サトウを
訪問した。
竹内日向守が帰ってから、アーネスト・サトウらは大坂から堺まで
遠乗りに出かけた。
 
 京都で将軍徳川慶喜が参内し、孝明天皇の霊柩を拝し、焼香する。
・幕府の要請で、劣勢の幕府軍にフランス式の軍事訓練をした。

・ デシャルム騎兵大尉はパークスやサトウと活動することもあった。
情報交換をしていたことがうかがわれる。

・慶応4年(1868) 1月に鳥羽・伏見の戦いが始まった。
  戊辰戦争が始まった。
・慶長4年(1868)11月、幕府の戊辰戦争の敗北により、帰国した。

【2】2回目
・明治5年(1872)明治新政府の軍事顧問団の一員として再来日した。
 陸軍の近代化に尽くした。

・明治6年(1873)  8月1日、江戸を出発、・・・
 草津温泉、
 レオン・デシャルム大尉が草津温泉に来た。
「草津紀行」を書いた。

 日光経由、江戸の1か月余りの旅行記である。
レオン・デシャルム大尉が草津温泉に来た。
「草津紀行」を書いた。

●明治6年(1873)8月来草**************
温泉や気候の調査を はじめ、草津の様子や自身も高温 の
温泉に入浴し湯治するなど「体 当たり」取材を敢行しています。
当時、横浜にあった日本アジア協 会で草津の旅を含めた報告
を行い ます。それが『江戸より草津への 紀行文付   草津温泉
の記録』で す。草津に最も早くやってきた外国人とされます。
(『青い目の旅人たち』みやま文庫 1984 P.171)

●推定「草津紀行」…発刊されたが、発行部数は少なく、
          フランス語で発行された。後、英文で
          発行された。不明部分が多い。

Aコース          
8月1日 江戸⇒(中山道)→桶川泊か?

8月2日 桶川⇒本庄泊か?

8月3日 本庄⇒・・高崎大休止「水が極めて悪い。」⇒三之倉泊

8月4日 三之倉(倉渕)⇒大戸⇒須賀尾泊?

8月5日 須賀尾⇒長野原で大休止⇒須川泊

8月6日 生須⇒草津

帰りに伊香保温泉か?
     
Aコース          
8月1日 江戸⇒(中山道)→桶川泊か?

8月2日 桶川⇒本庄泊か?

8月3日 本庄⇒・・高崎大休止「水が極めて悪い。」⇒伊香保泊

8月4日 伊香保⇒中之条⇒沢渡泊?

8月5日 沢渡⇒旧六合村生須(市川家泊)

8月6日 生須⇒草津


●旧六合村生須の市川昭次郎氏所蔵の座卓裏の銘
「干時 明治六年酉第八月
  東京元彦根邸内住
   御雇陸軍大教師  
      仏国人 デシャルム
   同断 日本人 奥田賢英
  右両人御入浴止宿の節新調  」

 市川氏の屋号は旅籠屋「山市屋」
  ↓
●「山市茶屋」
●「民宿山市屋」

●現在は営業はしていないようである。
記念碑や文学碑
「フランス軍人デシャルム大尉の宿泊記念碑」

★写真はない。

→伊香保温泉、日光経由、江戸の1か月余りの旅行記である。
 (★デシャルム『草津紀行』)

◆参考図書
①「デシャルム大尉」今井貞三郎文責『青い目の旅人たち』
     みやま文庫昭和59年)
②江戸より草津への紀行文 付・草津温泉の記録
 レオン・デシャルム/著 今井貞三郎/訳 2002
③上州路 その旅人たち 萩原進/編 上毛新聞社 1975
ベルツ博士より7年早く、ノルデンシェルドより6年早く草津に来た。

・???? 少将に昇進した。
      勲二等瑞宝章

・明治9年(1876) 帰国した。

★明日の伊香保は?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック