箕輪初心:生方▲伊香保№39≪小林虎三郎M10≫『米百俵』と「伊香保日記」

明治4年(1871)に、自分の事を「病翁」と呼ぶくらい持病に苦しん
でいた。「病翁」と改名の通り、リウマチ、腎臓病、肝臓病などさま
ざまな病を患っていた。郡役所に対して、教育行政をはじめとする諸
案件について、陳情・嘆願を繰り返しおこなったが、郡役所から疎ま
れ、静養に専念するよう命じられた。明治10年(1877) 7月伊香保
温泉に湯治にやって来た。「伊香保日記」を著した。8月湯治先の
伊香保で俄に発熱して病状は急変する。 熱病に罹った。
8月24
日、東京府東京市内にあった弟:小林雄七郎宅で死去。享年50。
「療養場所」と『伊香保日記』は未確認である。
画像




箕輪初心:生方▲新潟【三根山藩邸跡】と「長岡藩に送った米百俵」
https://53922401.at.webry.info/201704/article_1.html

箕輪初心◆三国街道④:26堀の内~30長岡~31与板~35寺泊
http://53922401.at.webry.info/201311/article_19.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201311/article_19.html

箕輪初心★松尾芭蕉29『奧の細道⑱』【村上~出雲崎】
http://53922401.at.webry.info/201208/article_13.html



◆小林虎三郎の略年譜????????????????

・文政11年(1828)8月18日小林又兵衛親真、久の3男として
  生まれる。

・文政12年(1829)父:小林又兵衛が藩校崇徳館の助教となる。

・天保7年(1836)父:小林又兵衛が新潟町奉行となる。

・天保9年(1838)閏4月 佐久間象山、越後に北遊した。
  佐久間象山が新潟で、新潟町奉行であった小林又兵衛と出会った。

・天保14年(1843)6月 長岡藩領、新潟浜村600石幕府によって
  上知となる。

・弘化2年(1845)12月23日 末弟、小林雄七郎生まれる。

・嘉永3年(1850)藩主:牧野伸顕の命により、江戸に遊学した。
   はじめ、萩原緑野の門に学ぶ。

・嘉永4年(1851)24歳の時。 佐久間象山の門に入る。
  蘭学を修めた。
  羽倉簡堂、斎藤拙堂、勝海舟等と交流した。
  小林虎三郎と吉田寅次郎(松陰)とともに象山門下の「二虎」と
  称せられる。
  佐久間象山、江戸の深川、木挽町に塾を開く。

・嘉永6年(1853)3月佐久間象山が江戸の深川木挽町にいたころの
  炮術の門弟名簿「嘉永6年、癸丑3月、炮術門人人名簿」には
  小林虎三郎の名がみえる。
  ほかに川島鋭次郎の名もみえる。
 6月3日、ペリー来航。

・安政元年(1854)3月
下田開港に反対して神奈川開港を唱えた。
長岡に帰らされる。
 1月12日、ペリー再度来日。

・安政2年(1855)
帰藩、謹慎を命じられた。

・安政6年(1859)春
「興学私議」を著した。
 2月26日、父小林又兵衛死去。

・文久3年(1863)8月佐久間象山、朝廷からの徴召の内意を伝えら
 れたとき、一子、恪二郎の教育のことを虎三郎に依頼する。
 11月20日、長町の小林家から出火、全焼する。

・元治元年(1864)
佐久間象山が暗殺される。

・慶応2年(1866)
「藩兵制改革意見書」を出す。
  藩の兵制改革の意見書として採用される。

・慶応4年(1868) 戊辰戦争
  高崎藩・吉井藩・小幡藩も参加している。
▲三国峠の戦い・・・
 北越戦争(戊辰戦争の一つ)
   ▲おじや・堀ノ内の戦い(会津藩)  
  三根山藩は宗藩:長岡藩に近い立場を採った。
  牧野伸顕の家老:河井継之助がガトリング砲を購入した。
    ▲長岡の戦い
 8月 長岡藩が敗れた。
  長岡藩・三根山藩は新政府側に恭順し、新政府軍の庄内藩征伐に
  出兵した。
 
・明治元年(1868)
 戊辰戦争で、長岡藩、新政府軍に敗北した。
  小林虎三郎は藩主を追って会津から仙台に逃れる。
 12月末に小林虎三郎、三島億二郎宛の書簡で長岡再興の理念を披瀝。
 12月22日、長岡藩、罪を許され、牧野忠毅に2万4000石を朝廷から
 下付される。
・明治2(1869)2月26日、母:久、死去。
5月1日、、焼け残った長岡城下四郎丸村の昌福寺の本堂を仮校舎
  として、国漢学校を開校した。

5月 藩庁として議政局をおき、虎三郎文武総督となる。「藩治職制」の
 立案にあたる。

6月17日 長岡藩、版籍奉還。
8月長岡藩職制改革。
11月8日、牧野頼母、三島億二郎とともに、大参事となる(入札による)。


・明治3年(1870)5月長岡の窮状を見兼ねて、支藩の三根山藩から見舞い
として、米百俵が送られてきた。
長岡藩は、7万4000石から2万4000石に減封された。
 長岡藩は実収にして6割を失って財政が窮乏し、藩士たちはその日の
 食にも苦慮する状態であった。
 支藩三根山藩は長岡藩の窮乏を見かねて100俵の米が贈ることとな
 った。
三根山藩の米100俵が舟戸橋の脇の舟付場から積み出され、矢川~
 西川~信濃川を経由し、長岡に運ばれた。
三根山藩が100俵の義援米を送り届けたが、その義援米の扱いをめぐっ
て論争になった。
長岡藩士は、義援米が分配されると思っていた。
 長岡藩士たちは、「これで生活が少しでも楽になる。」と喜んだ。
しかし、長岡藩の大参事:小林虎三郎は
 「国が興るのも町が栄えるのも、ことごとく人にある。食えないから
 こそ学校を建て、人物を養成するのだ。」
 として贈られた米を藩士に分け与えず、義援米を売却した。
 学校設立の費用(学校設備の費用とも)とすることを決定する。
 長岡藩士たちはこの通達に驚き、反発して、小林虎三郎のもとへと押し
 かけ抗議した。
 小林虎三郎は、
「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、
 百万俵となる」
と諭し、自らの政策を押しきった。
長岡藩が人材育成を優先したことになった。

小林虎三郎は、分配しても一人当たりいくらにもならないこの百俵を
元にして学校を建てることが、戦後の長岡を立て直す一番確かな道だ
と説いた。
そして、反対する藩士らを説得し、米を売り、その代金を国漢学校の
書籍や用具の購入に充てたのである。
★参考資料等
・長岡博物館
・博物館資料
・ビデオ「米百俵・・・」中村賀津夫主演
※小林虎三郎『米百俵』


6月15日 新校舎が完成。
 三根山藩から贈られた100俵の救援米を、国漢学校が6月15日
に坂之上27番地に開校した際の整備資金にあてた。
藩校は漢学を主に教えていたが、国漢学校ではそれだけでなく、
 日本の歴史や国学、さらに洋学、地理や物理、医学までも、質問
 形式の授業で学ぶことができた。
  また、身分にとらわれずだれでもが入学できた。

10月長岡藩大参事免官となる。

11月柏崎県庁から「学校並演武場掛り」を命じられる。
  春、弟:雄七郎慶応義塾に入学した。

・明治4年(1871)
7月柏崎県庁から病気療養を命じられる。
 この頃、「病翁」と改名する(7月17日許可)。
 「病翁」と改名のとおりリウマチ、腎臓病、肝臓病などさま
  ざまな病を患っていた。
8月、東京に出、土佐に旅をする。
8月、国漢学校を柏崎県長岡分黌と改称した。

・明治5年(1872)
土佐から東京に帰り、神田に住み、後、向島に移った。
 柏崎県長岡分黌を長岡町組学校と合併させて。
11月23日、長岡洋学校を開校した。

・明治6年(1873)
 4月『小学国史』12巻を出版した。

・明治7年(1874)
 7月『飜刊 徳国学校論略』を出版した。
 8月、長岡町組学校と分離して、新潟県第三中学区、公立二十番
  小学阪之上校が発足した。

明治10(1877)
7月伊香保温泉に静養する。
8月 湯治先の伊香保で俄に発熱して病状は急変する。 熱病に罹った。
8月24日夕、東京、向島の弟、雄七郎の家で死去(50歳)。


◆参考サイト
米百俵の故事で知られる長岡藩大参事、小林虎三郎の人物像と生涯
http://torasa.fukikou.net/shougai/nenpu.html


●▲■箕輪初心:生方▲温泉ブログ(群馬編)***********

箕輪初心:生方▲2018『草津温泉』・『草津に歩みし141人+α』のブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201809/article_55.html

箕輪初心:生方▲『温泉百話―東の旅』(ちくま文庫2018年)
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_1.html

◆総論編**************************
◆◆ 箕輪初心★『伊香保の歴史詳細&訪れた文人墨客』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201302/article_5.html

箕輪初心▲伊香保温泉&【文人墨客】復刻版
https://53922401.at.webry.info/201503/article_30.html
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201503/article_30.html

◆各論編**************************
◆◆【古代~平安時代の伊香保・榛名】************
伊香保№00『エロ解釈万葉集伊香保編9首』古代~鎌倉時代
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_13.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『万葉集東歌:エロい伊香保9首』
http://53922401.at.webry.info/201509/article_9.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『万葉集上野国エロ東歌』
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do

箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路の万葉歌碑』①山名駅~山名
八幡宮~山上の碑』
http://53922401.at.webry.info/201510/article_22.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路のエロ万葉歌碑』②山上の碑
~山名城大手口まで4句碑』
http://53922401.at.webry.info/201510/article_23.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路万葉歌碑』③山名城2回目
http://53922401.at.webry.info/201510/article_24.html

箕輪初心:生方▲2015高崎【山名万葉句碑】④山名城4番~10番
&根小屋城の句碑
http://53922401.at.webry.info/201510/article_25.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路万葉句碑』⑤根小屋城2回目
https://53922401.at.webry.info/201510/article_29.html


◆◆【鎌倉時代の伊香保・榛名】******************
箕輪初心:生方▲伊香保№00補足篇≪鎌倉時代の歌人たち≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_23.html


◆◆【南北朝時代の伊香保・榛名】******************
箕輪初心:生方▲伊香保№12『伊香保神社縁起』と南北朝時代『神道集』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_24.html

◆◆【戦国時代の伊香保・榛名】******************
箕輪初心:生方▲箕輪城№233かみつけの里【榛名神社文書】の解説
&久保田順一先生説
https://53922401.at.webry.info/201612/article_6.html

箕輪初心:生方▲伊香保№32榛名神社の歴史「座主→武将の俗別当
への移行」
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_6.html


箕輪初心:生方▲伊香保№01≪長尾景仲→景信→景春→上杉定昌
の伊香保温泉開発?≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_3.html

箕輪初心:生方▲伊香保№02≪堯恵(ぎょうえ)文明18年(1486)≫
『北国紀行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_4.html

箕輪初心:生方▲伊香保№03≪宗祇:文亀2年(1502)≫連歌師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_5.html

箕輪初心:生方▲伊香保温泉№4≪宗長≫ 連歌師:『宗祇終焉記』・『東路の津登』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_6.html

箕輪初心:生方▲伊香保№4≪真田昌幸:天正4年(1576)石段街の基礎造成≫
と真田3代ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_7.html

◆おまけ***********************
箕輪初心▲武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻①信濃編ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_8.html

真田幸綱(幸隆)の上野侵攻②上野編150城ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_9.html

箕輪初心:生方▲2016年NHK大河D【真田丸】:真田昌幸&真田幸繁
(幸村)ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
https://53922401.at.webry.info/201601/article_9.html

箕輪初心:生方▲井伊直政№261久保康顕先生初出史料『西郷正次・
椋原政直と榛名神社』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_54.html

箕輪初心:生方▲高崎№27▲久保康顕先生講演会『戦国時代の榛名神社』
と井伊直政
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_53.html

◆◆【江戸時代の伊香保・榛名】*****************
箕輪初心:生方▲伊香保№13『江戸時代の文学:伊香保・榛名総集編』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_25.html

箕輪初心:生方▲伊香保№23『江戸時代の旅と飯盛女』&『伊香保に町人来訪』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_46.html

箕輪初心:生方▲伊香保№25『榛名講』での御師の役割と『伊香保温泉』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_47.html

箕輪初心:生方▲伊香保№15≪中川内膳正妻:寛永年間(1624~1645)≫
『伊香保記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_27.html

箕輪初心:生方▲伊香保№16≪跡部良顕:元禄11年(1698)≫『伊香保紀行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_29.html

箕輪初心:生方▲伊香保№17≪建部涼袋:延享2年1745≫『伊香保山日記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_33.html

箕輪初心:生方▲伊香保№18≪油谷倭文子(ゆやしずこ):寛延3年(1750)≫
『伊香保の道行きぶり』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_35.html

箕輪初心:生方▲伊香保№25≪塩原太助:宝暦12年(1762) ≫:榛名神社で祈願
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_50.html

箕輪初心:生方▲伊香保 №06≪高山彦九郎:安永2年(1773)≫
尊皇思想家『赤城行』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_11.html

箕輪初心:生方▲伊香保№19≪平沢旭山:天明5年(1785)≫漢学者・国学者
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_37.html

箕輪初心:生方▲伊香保№20≪吉田芝渓:寛政元年(1789)≫千明仁泉亭
『浴泉奇縁』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_39.html

箕輪初心:生方▲伊香保№07≪奈佐勝皐(かつたか)天明6年(1787)≫
『山吹日記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_15.html

箕輪初心:生方▲伊香保№21≪関重嶷:寛政12年(1800)≫伊勢崎藩家老
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_41.html
★嵩山彦九郎と仲良しだった。

箕輪初心:生方▲伊香保№29≪清水玄叔(烏涯)享和3年(1803)≫
『上州榛名詣』
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_4.html

箕輪初心:生方▲伊香保№22≪小林一茶:文化5年(1808)≫『草津道の記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_44.html

箕輪初心:生方▲伊香保№22≪八隅芦庵:文化7年(1810)≫『旅行用心集』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_43.html

箕輪初心:生方▲伊香保№30≪香川景樹:文政元年(1818)?≫歌人
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_5.html

箕輪初心:生方▲伊香保№26≪清水浜臣:文政2年(1819)≫『上信日記』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_52.html

箕輪初心:生方▲伊香保№08≪十返舎一九:文政2年(1819)≫文学者
・エロ浮世絵師
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_14.html

箕輪初心:生方▲伊香保№09≪千葉周作:文政6年(1823)?≫:木暮武太夫泊
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_16.html

箕輪初心:生方▲伊香保№09≪樋口定輝:文政6年(1823)?
伊香保神社掲額事件≫馬庭念流
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_20.html

箕輪初心:生方▲伊香保№11≪滝沢馬琴:文政年間?≫①『伊香保の額論』
&②『南総里見八犬伝』
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_21.html

箕輪初心:生方▲伊香保№100番外編≪司馬遼太郎『北斗の人』≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201810/article_22.html

箕輪初心:生方▲伊香保№27 ≪安積良斎:天保9年(1838)≫榛名神社
・木暮武太夫
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_1.html


◆明治時代編************************
箕輪初心▲伊香保№33≪新居守村:明治3年(1870)≫榛名神社の神仏分離取締
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_9.html

箕輪初心:生方▲伊香保№35群馬県立土屋文明記念文学館
「榛名・伊香保文学紀行46人」
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do

箕輪初心:生方▲2018高崎№30『鼎談』と【小栗上野介忠順企画展】
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_10.html


箕輪初心:生方▲伊香保№35≪デシャルム大尉:M6≫フランス人将校
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_12.html

箕輪初心:生方▲伊香保№36≪三遊亭円朝M7≫落語家『霧隠(陰)
伊香保湯煙』
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_13.html

箕輪初心:生方▲伊香保№37≪アーネスト・サトーM10 ・M28≫
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_14.html

箕輪初心:生方▲伊香保№38≪ベルツ博士M10・M13・M14≫「楽山館」
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_17.html


★明日の伊香保は皇族関係?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック